設定変更

 メール投稿

アバター

サイズ

特殊な投稿

画像投稿

ファイル投稿

アンケート投稿

メッセージが届きました(ここをクリックで表示)
通常投稿の通知音
ボリューム :
重要投稿の通知音
ボリューム :
お知らせの通知音
ボリューム :
メッセージの通知音
ボリューム :
入室時の通知音
ボリューム :
退室時の通知音
ボリューム :
キーワードの通知音
ボリューム :

会話中

取り込み中

退席中

食事中

電話中

移動中

お手洗い

お風呂

おやすみ

隠密行動中

    名前をクリックすると、メッセージを送信出来ます。

    {#005068:SCP-7168}{#009E9D:(おやすみなさい} {#009D17:SCP-4900-JP}{#009D17:(おやすみなさい} {#005068:SCP-7168}{#009E9D:アハハハハハ!あーぁ・・・ あれ?なんで笑ってたんだっけ?} {#009D17:SCP-4900-JP}{#009D17:はぁ―、アカペラなのもいいわ・・。よーし、パソコンでキボクラ見よっと。} {#005068:SCP-7168}{#009E9D:・・・(少しだけ狂気染みた笑い声を上げる)} {#009D17:SCP-4900-JP}{#009D17:(歌いながら歩き続ける)} {#005068:SCP-7168}{#009E9D:・・・} {#009D17:SCP-4900-JP}{#009D17:(脳漿炸裂ガールを歌い始める)} {#005068:SCP-7168}{#009E9D:・・・まあいいか} {#009D17:SCP-4900-JP}{#009D17:(何かのノイズが混じり聞こえなくなる)} {#005068:SCP-7168}{#009E9D:狂気のある曲だ} {#009D17:SCP-4900-JP}{#009D17:前代未聞の殺戮劇} {#005068:SCP-7168}{#009E9D:・・・(歩き始める)} {#009D17:SCP-4900-JP}{#009D17:我に返った足元にはデタラメ肉塊 1588.12.14 } {#005068:SCP-7168}{#009E9D:・・・(起き上がる)} {#009D17:SCP-4900-JP}{#009D17:(少しグロテスクな所もある)} {#005068:SCP-7168}{#009E9D:・・・・・・(歌ってるのか?)} {#009D17:SCP-4900-JP}{#009D17:(切ない歌が聞こえる)} {#005068:SCP-7168}{#009E9D:(ボーッとしてるだけ)} {#009D17:SCP-4900-JP}{#009D17:(戻る)} {#005068:SCP-7168}{#009E9D:・・・(結局またベンチに横になる)} {#009D17:SCP-4900-JP}{#009D17:(歌う)} {#005068:SCP-7168}{#009E9D:・・・ま どうやって調べたものかだけどね!} {#009D17:SCP-4900-JP}{#009D17:いよいよここから始まる惨劇 ね} {#005068:SCP-7168}{#009E9D:どうなってるか気になるものだ!あぁ!楽しみだね!} {#009D17:SCP-4900-JP}{#009D17:「「The end」」} {#005068:SCP-7168}{#009E9D:でもやっぱり早く実験結果見ないとな!} {#009D17:SCP-4900-JP}{#009D17:ルシファー「はいはい。」 ・・・(月を見る)} {#005068:SCP-7168}{#009E9D:・・・まあいいか} {#009D17:SCP-4900-JP}{#009D17:・・・・。 ルシファー「どうした?」 ・・・それやめて。} {#005068:SCP-7168}{#009E9D:・・・(起き上がる)寝れないな やっぱり} {#009D17:SCP-4900-JP}{#009D17:ルシファー「32人の犠牲者と一人の生き残り者」} {#005068:SCP-7168}{#009E9D:(目を瞑る)} {#009D17:SCP-4900-JP}{#009D17:ルシファー「聞きたいのならば聞いたらどう?一人で」 えっ・・。} {#005068:SCP-7168}{#009E9D:・・・(ベンチで横になる)} {#009D17:SCP-4900-JP}{#009D17:でも・・可哀そうじゃない?どうしてあぁなったのか知りたいわ。 ルシファー「ギャングスタズパラダイスでもあるまいし。」 どういう事よそれは。どっかで聞いたことがある曲名ね・・} {#009D17:SCP-4900-JP}{#009D17:(トランプを取り出し、ジョーカーを出し、月に向かってぶん投げる)} {#005068:SCP-7168}{#009E9D:まあいいか!俺は俺だ!} {#009D17:SCP-4900-JP}{#009D17:まるで アパチャーサイエンスのウィートリーみたいだ} {#005068:SCP-7168}{#009E9D:・・・そもそも俺って誰だっけ?(ベンチに座り壁にもたれる)} {#009D17:SCP-4900-JP}{#009D17:(屋上に向かう)} {#005068:SCP-7168}{#009E9D:・・・ってか俺って作り物だっけ?いや確かにいきなりこの体で生きていこうって思ったのは覚えてるけど?} {#009D17:SCP-4900-JP}{#009D17:(レモンティーを飲みながら歩き続ける)} {#005068:SCP-7168}{#009E9D:あれは確実に何かが居るね 何か・・・ なんだろね?} {#009D17:SCP-4900-JP}{#009D17:(フッと笑い離れる)} {#005068:SCP-7168}{#009E9D:生憎褒めてはないね?嫌味だ} {#009D17:SCP-4900-JP}{#009D17:そりゃ、どーも。} {#005068:SCP-7168}{#009E9D:つまらないね?} {#009D17:SCP-4900-JP}{#009D17:聞きたくもない。} {#005068:SCP-7168}{#009E9D:なんで今の俺になったかでも聞く?} {#009D17:SCP-4900-JP}{#009D17:駄作。(独り言のように レモンティーを飲む)} {#005068:SCP-7168}{#009E9D:全部が全部そうじゃないさ 今の俺は最初っから今じゃなかったからな!} {#009D17:SCP-4900-JP}{#009D17:人工知能ならそりゃ、そうか。} {#005068:SCP-7168}{#009E9D:さあ?生憎産まれてから全部は覚えて無いのさ!} {#009D17:SCP-4900-JP}{#009D17:で、どこで作られた?} {#005068:SCP-7168}{#009E9D:失敗作ね?失敗作 良いじゃ無いか 人間も全部なんでもかんでも失敗作なんだから!} {#009D17:SCP-4900-JP}{#009D17:そうかいそうかい・・なら・・心が無い失敗作ってわけか。} {#005068:SCP-7168}{#009E9D:退屈だったね!酷く退屈だった!俺からしたらまるでおままごとをしてるようにしか見え無かったな!} {#009D17:SCP-4900-JP}{#009D17:どうだった?} {#005068:SCP-7168}{#009E9D:知らないな!でも最初は人と似て過ごしたさ!} {#009D17:SCP-4900-JP}{#009D17:人工的に作られたものか。} {#005068:SCP-7168}{#009E9D:ま 人に似せて作ったって俺は誰かに・・・ 誰だっけ?あー・・・ いやいいか アハハハハハ! まあ 人間じゃ無いよ!} {#009D17:SCP-4900-JP}{#009D17:一部はな。俺にはそう見える。} {#005068:SCP-7168}{#009E9D:人間じゃないけど?} {#009D17:SCP-4900-JP}{#009D17:貴様が言ってどうする。貴様も人間だろ。} {#005068:SCP-7168}{#009E9D:いやその狂気も人間の目測か!} {#005068:SCP-7168}{#009E9D:正しいよ!そう言いたいね!ま 狂気そのものみたいな俺が言ってもあれか?} {#009D17:SCP-4900-JP}{#009D17:人間どもの行動が狂ってんだよ。そうだろ?そう言いたいんだろ?} {#005068:SCP-7168}{#009E9D:アハッハ!正しいね!} {#009D17:SCP-4900-JP}{#009D17:くっだらねぇ世の中になっちまったのも、人間のせいだな。(声が男)} {#005068:SCP-7168}{#009E9D:人間なんてそうだよな~w ちっとも学ばない しかもよわっちいときたもんだ なんでこの世界の一番になったのか知りたいものだね!} {#009D17:SCP-4900-JP}{#009D17:(冷笑)} {#005068:SCP-7168}{#009E9D:(ムッとする)} {#009D17:SCP-4900-JP}{#009D17:(フッと笑う)} {#005068:SCP-7168}{#009E9D:発言は関係無くない?} {#009D17:SCP-4900-JP}{#009D17:貴方の発言と行動で人はそうやって堕ちる。} {#005068:SCP-7168}{#009E9D:堕とすのが好きなんじゃ無くて勝手に堕ちてるんだよ!} {#009D17:SCP-4900-JP}{#009D17:あんたは、人を闇に堕とすのがすきそうで。} {#005068:SCP-7168}{#009E9D:そもそも食事すら要らないからね!} {#009D17:SCP-4900-JP}{#009D17:ははっ、だよねー} {#005068:SCP-7168}{#009E9D:興味無い} {#009D17:SCP-4900-JP}{#009D17:美味いのよ、アメリカと違って。} {#005068:SCP-7168}{#009E9D:なんじゃそれ・・・} {#009D17:SCP-4900-JP}{#009D17:日本人では当たり前にラーメン二郎やうどんは食べるけど。} {#009D17:SCP-4900-JP}{#009D17:ま、そりゃそうね。} {#005068:SCP-7168}{#009E9D:興味無いからだよ!} {#009D17:SCP-4900-JP}{#009D17:何その興味なさそうな・・} {#005068:SCP-7168}{#009E9D:ふーん} {#009D17:SCP-4900-JP}{#009D17:(満足)} {#005068:SCP-7168}{#009E9D:あ、戻ってきた} {#009D17:SCP-4900-JP}{#009D17:(完食し戻る)} {#009D17:SCP-4900-JP}{#009D17:(お茶を飲みながら食べ続ける)} {#005068:SCP-7168}{#009E9D:ま、それがカバーストーリだっけ?それで強盗殺人扱いになってるしなんか調べても分からないからどうしようも無いって諦めてる!ただお前は知ってるか?} {#001C9E:エージェント霧ケ峰}{#001C9E:なるほどね~} {#005068:SCP-7168}{#009E9D:ま その実験が17年前位だからそろそろ良い感じに大人になってるだろ? だから調べてたって訳だ!} {#001C9E:エージェント霧ケ峰}{#001C9E:いいよ(笑顔)} {#005068:SCP-7168}{#009E9D:んで続きOK?} {#009D17:SCP-4900-JP}{#009D17:(うどんを食べる)} {#001C9E:エージェント霧ケ峰}{#001C9E:そっか~} {#005068:SCP-7168}{#009E9D:カフェテリアだって!}