設定変更

 メール投稿

アバター

サイズ

特殊な投稿

画像投稿

ファイル投稿

アンケート投稿

ダイスロール

メッセージが届きました(ここをクリックで表示)
通常投稿の通知音
ボリューム :
重要投稿の通知音
ボリューム :
お知らせの通知音
ボリューム :
メッセージの通知音
ボリューム :
入室時の通知音
ボリューム :
退室時の通知音
ボリューム :
キーワードの通知音
ボリューム :

会話中

取り込み中

退席中

食事中

電話中

移動中

お手洗い

お風呂

おやすみ

隠密行動中

    名前をクリックすると、メッセージを送信出来ます。

    りょう{#0000FF:30日、ハウス圧潰} りょう{#0000FF:2度目の雪が来た、週間予報は全部雪マーク 前線ははるか南を通過、静かな降雪で始まった、 下屋の補強は済ませてあったが、深い所では30cmを越えた 除雪用のトラクター、燃料切れを起こし、道路で止まる 10㍑ほど給油、エア抜きをして再始動、 簡単にかかってくれた、 -                            -} りょう{#0000FF:10年以上納品してきた道の駅の駐車場に、客の車が1台も 止っていなかった。初めて見ることだ。 一時はGOTOに押されてか、そこそこの人出だったのに、 全国の陽性者が3,738人を記録 前首相は不逮捕、、、、、 -                            -} りょう{#0000FF:町内ただ一つのスーパーが今朝から停電、 夕方通った時も店は暗いまま、 工事車両が2台止まっていて、受電設備をいじっていた リースを手配すれば100kwくらいの発電機は県内にあるはず、 受電設備の故障? 電気がなければ、冷凍品は融け出し、 バーコードが読めないどころか、現金の出納も不可 カード類も一切ダメ、 大手がこういう場合の対応マニュアルを確立していないとも 思えないのだが、、 店側も大変だろうが、 町内最大の小売店、私としても食品の大半を依存 1週間も止ったら、、、、 今朝方の一瞬の停電はスーパーの短絡の衝撃? ここも停電が1時間も継続したら、配管が凍結 復旧に大変な手数がかかることになる -                            -} りょう{#0000FF:[P:247] 中古6000円也のスノウバケット 2駆のトラクタが滑らないかと思ったが 低速なら問題なし、 タイヤと路面での摩擦熱で雪が融けるのがスリップ 空気圧を減らし接触面を増やすのも手かもしれない -                            -} りょう{#0000FF:暖冬傾向の推移に油断していたら 急に冬型の気圧配置になり降り出してしまった 降雪は今日で4日目 ここ深浦で越冬するのは20年ぶり 井戸からの配水が脆弱で、凍結を心配していたが 常時流しっぱなしにすればOKだった。 蛇口から出る水温は15℃を維持している 自動洗濯機のバルブが凍ってしまう -                            -} りょう{#0000FF:[P:245] 好評発売中のバラしたにんにく これは小さい方} りょう{#0000FF:[P:243] 年間の推移をグラフ化 11月中、体感では「小春日和」といえる日が多かった 9~11月の推移は短縮された冬の後、春になったような動き -                            -} りょう{#0000FF:乾燥機のある倉庫の窓は遮光してあるが、 むしろ日差しをとりこんで 気温を上げたほうが良いということになるか? -                            -} りょう{#0000FF:http://www.jasta.or.jp/active/download/docs/ninnniku.pdf} りょう{#0000FF:「にんにくの「休眠」と気温」とグーグルで検索すると 「発芽適温:15 ~ 20℃。 25℃以上では休眠状態になり 発芽しない。」 とのpdfがいきなり表示された -                            -} りょう{#0000FF:[P:240] 例年にないにんにくの発根問題の解明のため 気象庁データから、 この秋の気温推移の傾向をグラフ化 観測点が500mほどの距離にある 9月初旬の+4℃を挟んで かなりの高温期間があったことは間違いないが にんにくの「休眠」と気温との関係があるのか? 県内の常温貯蔵物にカビが発生が見られたとの情報は 県庁から得たが 発根はカビではない、 さいわい当農場ではカビの発生は防げている -                            -} りょう{#0000FF:トレビス、13箱 バターナット46箱、東一への最終出荷 -                            -} りょう{#0000FF:とうや20ptxa、選果終了、貯蔵量ほぼ1t -                            -} りょうZ圃場収穫、撤収終了 サツマイモ、少なく、バターナットが予想外に多かった -                            - りょうファイルアップロード参照テスト さつまいも栽培管理表[F:1] りょう{#0000FF:Z圃場、さつまいも、バターナット収穫終了、 現場に残る資材はクローラキャリア、1機のみ このキャリア、ベルトの調整、青森クボタに任せたが また、ベルトのスリップがおきる、 荷重が多くなると走行しなくなる 油圧ベルトの状態はよく、リフト・ダウンはそこそこ -                            -} りょう{#0000FF:Y圃場、機材撤収完了。岩木山には未だ積雪がなく、 沿道は紅葉の盛り。帰りの道路、海抜20m程度の地点での 気温表示は14℃、 -                            } りょう{#0000FF:Y圃場とうや含め、全収穫終了、 この時点でクローラキャリア、モーア付の日乃本が置いてある モーア、キャリアは、Z圃場へ移動 さつまいも、バターナットの収穫が残っている -                            - -                            -} りょう{#0000FF:Y圃場、1ヶ月遅れのじゃがいもの収穫、2/3程進む 在庫の8月収穫のイモは大方片付く おなじくYのかぼちゃ類、洗浄、あとわずか 倉庫満杯で身動きがとれない -                            -} りょう[P:238] {#0000FF:秋田港、保税上屋での引取り 予定とおり、軽トラにぴったり2台載った 施肥器・アシスタントシート付 じゃがいも自動播種機} りょうY圃場のかぼちゃ類、収穫・搬出完了、、 コンテナで65+69本、、 ダークホースのネズミ害がけっこう出ている りょう{#0000FF:伝動ドットコムという、ベルトなどの通販の会社に 10月12日 12時21分、ベルトを注文、 届いたのが16日、15時、会社は、板橋区、4泊5日かかった、 当方、同時間の受注で、 平日なら板橋区まで遅くとも、14日中に届けている、 運送会社は西濃!!、13日の夕方集荷!!その深夜に 板橋トラックターミナルを出て、なんと仙台の店に卸してしまう、 そして14日夜、仙台から、JRコンテナに詰め、発送!! コンテナ列車は、15日朝青森貨物駅に着くが、 コンテナは午前中に、西濃弘前店に着く 当日の深浦配達便はすでに出発している!!! ここでもベルトは1泊、、、、 16日、15時届く!!!!!! こういう素晴らしい配送形式をやっている店が アマゾンなどに出品できている1!!!! 当方は全国、波照間から利尻まで最長2泊3日のシステム} -                            - りょう{#0000FF:[P:234] 雨が続き、土が乾かず中断していたニンニク播種 残り、5畝、 植えてみると問題点がはっきりしてきた 種のサイズとコンベアのパイプの関係 大きな種、20g くらい以上は詰まってしまう 播種、終了、、、、 しかも、引っかかった種で部品破損 6rowを2rowに使うので4条分の部品がスペアとしてストック 補修に問題はない 播種終了、 -                            -} りょう{#0000FF:今回の 2ROW SEMI AUTOMATIC GARLIC PLANTER で 全播種系を機械化達成 一般の播種はアグリ矢崎の2条クリーンシーダ じゃがいもは中国機改 培土には、三菱D2000Ⅱ、2Pロータリー尾輪距可変タイプ (溝草モーアとしても使用) 鋤柄、三兼機の改 芋は1.1mの畝幅 にんにく、だいこん、にんじん、ビーツは 2row on1.2mbed で共通 すべて20Hp級のトラクタで使う -                            - } りょう{#0000FF:今回臨時のピンで間に合わせたピン USで見つけたのは、片持ちピン6$、セットで12$ 送料20$かかったとしても安い、 さすがStevenさん -                            -} りょう{#0000FF:人力用施肥機 クリーンソワー【TC-45】 幅0.45mの人力施肥機を買ったことがあった 追肥用としてだが量の安定どころか、肥料が落ちないガラクタ アグリテクノ矢崎というか、多木の設計製造 駆動輪がスリップする、これは改造したが 肥料の詰まりが防げない 鶏ふん、粉の苦土石灰、グアノ、みんなダメだった 買って使えなかった機材の代表、 このプランターとの共通点は 地表からホイルで駆動を取り、ある物質を畑に安定して落とす という要求、塗色も緑、、、 多木のクリーンシーダは当方の基幹的機材ですが -                            -} りょう{#0000FF:ようやっとにんにく播種にたどり着いた 予定より1週間遅れ しかも植付ピッチをカタログで調べなおす始末 予定は@15cm、こいつは最大で調整で13㎝、、 改造に時間がかかるなら機材に従う主義、、ま、大差ないと 転圧ホイルとスプロケットを調べて計算すればいいのだが ピッチを13㎝以上に伸ばすには、スプーンを減らし トランスミッションギアをシフトさせれば可能 長い夢だった、にんにく播種の機械化達成 とても国産機では実現できなかった -                            -} りょう{#0000FF:[P:232] front view 黄海を、対馬海流 秋田青森県境を越えて届いた AUTOMATIC Garlic Planter 標準的なロワリンクのピンがない、 臨時にトップリンク用の19mmピンを貫通させて使用 標準の22mm片持ちピンは1set5000円を超す 22mm黒鋼の丸棒を取ったが加工している時間がない これは1500円 「カタログには正しい姿勢で植える」とあった スプーンは搬送チェーンに傾けて溶接 これがミソか} りょう{#0000FF:[P:231] オリジナルの全容、後ろから} りょう{#0000FF:[P:230] PotatoPlanterほどには安定してすくえない アシスタントを配置、搬送の補助 オペレータは直進に集中、全自動とは言い難い 2ROW SEMI AUTOMATIC GARLIC PLANTER と命名 作業速度は1~1.5km/h程度 2000m2の栽培で、30時間の省力 この機械ならペイする} りょう{#0000FF:[P:229] 枕地でのコンベアの搬送状態 10g以上の種もすくっている} りょう{#0000FF:[P:228] タンクに仮の仕切り板を設置} りょう{#0000FF:[P:227] 4row分のチェーンコンベアをはずし 底を塞ぐ} りょう{#0000FF:[P:226] 6row 機のタンク オリジナル状態} りょう{#0000FF:やはり英文のARRIVAL NOTICEが出た -                            -} りょう{#0000FF:ポテトプランター、大、施肥機、アシスタントシート付、 どうも秋田港に到着したらしい 到着通知がなんと、簡体中文!!あとは英文の書類 繁体なら、読解可能だが、、、、、 ここまでの気苦労で、、、 倉庫、いっぱいだし、、、 元売り業者はPDF書類を送ってくる手段をtelexと表現 なんのことはない、PDFをプラットホームに上げた操作のこと それをDLして書類は手に入った、 XX公司の印影まで添えてある、、電子押印??? -                            - } りょう{#0000FF:https://www.youtube.com/watch?v=P3znPwHAJt8 歩行トラクタに震動ディガ+収納ワゴン、、 なかなかいい -                            -} りょう{#0000FF:https://www.youtube.com/watch?v=IJ_cEistLlM 中国機コピーの自作機@ロシア② 工作技能というか、仕上げは粗いが、、ちゃんと動く 丸棒の加工に自作のベンダーを使っていた 、、これ、、参考になった -                            -} りょう{#0000FF:https://www.youtube.com/watch?v=s0vSei5_CKY 中国機コピーの自作機@ロシア 自作を妄想したことがあった 車輪を作るにはロールベンダーが必要、ハブはパイプで作って 治具も必要だろうが、可能、しかしベンダーがない 搬送チェーン、スプロケット、ベアリング、購入可能 スプーンがちと困難 車輪は片持ちの軸がある、車いすのものを流用して自作を避ける アイデア しかし、両輪をつなぐシャフトの問題は、解決できなかった この動画でもシャフトは全ねじの丸棒で誤魔化してある 鋼材、鋼板、駆動部材料、これらを揃えるのに5万? 工作に1週間、、結論は輸入だった -                            -} りょう{#0000FF:https://www.youtube.com/watch?v=toUYIXFiTJg 「手動」2条プランタ、ディスク」タイプ -                            -} りょう{#0000FF:動画で見ることのできるプランターは、 種芋に切ってない丸芋を使っているのが多い 我が農協、19年はS玉を供給してくれたが、20年はダメだった 19年、切った芋も植えることができ、 20年は半分ほど、切り芋で植えたが、問題はなかった 「篤農家」が慣行の切り芋を植えたがり、 安価で「自動」な播種機を開発できていない -                            -} りょう{#0000FF:https://www.youtube.com/watch?v=YKGg5pZ-IJs&t=99s Iron Age Potato Planter、、木製の自動機 ディスクで落とすタイプ、 種芋の供給部と、装填部が分かれている 20世紀初頭、馬で曳く、ディガの写真、見たことがあります -                            -} りょう{#0000FF:https://www.youtube.com/watch?v=BaFKIarBgOM インド製?semi automaticというより Not Automatic、、ですね -                            -} りょう{#0000FF:https://www.youtube.com/watch?v=ofPGCTd9dHc これもインド、非常にシンプル 中国製??私のとそっくり、 「automatic potato planter 」と謳いあげている 間違いなしの自動機 -                            -} りょう{#0000FF:https://www.youtube.com/watch?v=eGBvrDY-4Xo これはインドで使われている「自動播種機」 後ろに乗っているお兄さん、アシスタントですね この機械の核心部は、中国製と推定されます 施肥機付 -                            -} りょう{#0000FF:販売するに当って、国内で製造されている 同じ用途の機械を、再度調査したが、 全部で10機種以内しか生産されておらず しかも、「自動播種機」と言えるものは、存在しない -                            -} りょう{#0000FF:以下の写真は、じゃがいも播種機の参考用です -                            -} りょう{#0000FF:[P:224]傾斜地での播種} りょう{#0000FF:[P:222] クロームならクリックすると 別タブで原寸表示になります} りょう{#0000FF:[P:221]} りょう{#0000FF:[P:220]} りょう{#0000FF:[P:219]} りょう{#0000FF:[P:218]} りょう{#0000FF:[P:217]} りょう{#0000FF:工業用40W、Vibratorが届いた、 一応じゃがいも選果機の手前にセットし 自動送り、土落としをねらうつもりだが わずか40Wがかなり強力で、 搖動皮むき、搖動篩、、 等々、いろいろ妄想が広がる -                            -} りょう{#0000FF:ゆうパックは内容の品名を書くことになっている 「リーマー」と表記しても通じないので 「ヤスリ」と言ったら、局員が納得した、 工具業界では内径のバリ取りが「リーマ」 にんにく業界では、根を削る回転刃物を言う、 NHK制作の、ブラジル移民を扱ったドラマを見ていたら ポルトガル語で「リーマ」と発音、字幕は「ヤスリ」と出た 妙に納得 切れなくなった、除草鍬の刃先を研ぐ道具だった 国内の百姓は、鎌と一緒に砥石を持ち歩く 鍬には土落としとして「ヘラ」を持ち歩く ヤスリならやる仕事は研磨。 バイト=ビットなら切削、 ボールリーマーの仕事は研ぎ磨くことじゃなく 削り取る作業、私は「切削」と表現する -                            -} りょう{#0000FF:安いと感じる佐川のパレット便 およそ1.8㎥、、大阪まで1400㎞で2.5万 中継個所は多くても3回、 トレーラ満載で100万、、、、、 -                            -} りょう{#0000FF:今回、注文した2台、2立方メートルの運賃は 中国内陸の不明都市>青島>秋田港保税上屋受取で わずか、210$です、、 この間荷物は3000㎞以上の旅をします、 中継個所も多いはずで、国内の陸送運賃の高さは驚きです -                            -} りょう{#0000FF:昨年、大物を、福山通運で送った時の、対応の悪さ、 料金の高さ、税別料金と明示せず、の見積、、、 呆れるばかりで、本来配送先が払う約束の運賃のうち 税金分を当方が払うはめになりました、、 -                            -} りょう{#0000FF:こういう見積や、注文と、その受注など、 電話では行わないこととし、FAXを使った紙文書のやり取り という体制をとりました。青果市場はいまだFAX時代です。 段ボールメーカーは、メールと添付画像、 エクセル添付などでやりとりできるようになっています。 -                            - } りょう{#0000FF:佐川パレット便の見積書です、1.1mX1.1mのパレットに 全高1.2m以内ならこの料金です、重量は300kgまで、 今後大きな作業機を販売する予定もあり、佐川と相談しました。 ↓ -                            -} りょう{#0000FF:[P:215]} りょう{#0000FF:リーマーをドリルに組んで使うと、 ドリルの軸線を横に押す形となる、 これはドリルにとって設計外の力で問題、 ベアリングがへたったのか、ぶれ始めた このドリル自体、ずいぶん働いてくれた機体、、 やはり日立などの高級機を使うべきかも、 ただ、スタンドは低級機にしか対応していない ベアリング交換可能な、卓上ボール盤を検討すべきかも -                            -} りょう{#0000FF:ボールリーマーx1614、出品 じりじり、したが注文が入った 販売方針は 「厳選した、自家用に使用、消費・在庫すべきもので、 国内流通品があまりに高価な物は、 最小限の手間賃を乗せ販売する」というもの、、 2本売りでも経費は変わらないから、 1本売りしてお客様の評価が定まったら、2本売りも発売する、 ということで続行 -                            -} りょう{#0000FF:[P:213] 最善は、クロスした刃が切ってあるもの↓ プロ用刃物は、、過大かつ切れなくなる アマゾン購入の木工用は使えなかった} りょう{#0000FF:[P:212] 販売予定のニンニク用ボールリーマー 長さ60mm 刃先、16x14mm 軸6mm、、だったかな?? } りょう{#0000FF:現物は保税上屋に置いてあり、税関職員とともに 行ったときは上屋従業員の態度も普通だが、 税関から書類を持って実際に受け取りに行くと 態度は悪かった、、、 秋田港は小さな港、、上屋の2業者くらいしかなく、、 東京港を見慣れた目には非常にショボかった -                            -} りょう{#0000FF:さらなる費用は、税関に入る書類の作成業者への支払い これは知れた額、、 こちらの仕事は、税関に出向き、通関書類を作成し 銀行で消費税を払い、税関に戻り、検査に立ち会う 実際に箱を開き、税関職員は、悪い物が入ってないか検査 税関の対応は、懇切丁寧、、 PCを使った書類入力も補助してくれる -                            -} りょう{#0000FF:注文を決定し、支払手続きまでの流れは、チャット形式 英文で表記されてくる 相手が直接英文で打っているのかは、不明だが、 意味の通った英文、、 当方は単語の綴りに自信がなく、 グーグルで翻訳して調整後コピペ 待ってください、「支払書」を作ります、、、 しばし待つと、プラットホーム上に書類が形成され決済となる これで秋田港受取の契約成立ということになる 支払いもそこまでの分が済む -                            - } りょう{#0000FF:播種精度は、前回輸入したもので実証済 問題なかったが 注文を始める段階で、施肥系のことは質問しなかった 元写真に付いていないのだから しかし、オーダーメイクしてしまったもの しかも工場から青島に発送済 いまさら変更はできない、 支払は充分納得できる額だったし -                            -} りょう{#0000FF:肥料タンク容量と種芋タンク容量のバランスの問題 すなわち、芋に対して、肥料が足りるのか? またその、施肥精度は、、、、、、 当方は有機肥料、量が多いのだ、 またそのペレットの粒が大きい、、、 -                            -} りょう{#0000FF:貿易、というのは難しい、、、 注文品は、チンタオ 青岛に送ったとの連絡が入った 個体の梱包状況の写真付きで カタログに写真があり、、それは施肥装置無しのもの 送られた写真には、、施肥装置が付いている、、、 肥料タンク無しのカタログだから、その容量も書いていない -                            -} りょう{#0000FF:だいこん 20dkxa 今シーズン最後の播種になるか、、 もう一度播けるか、、、50mx4畝 -                            -} りょう{#0000FF:じゃがいも20ptxb、収穫終了、、、およそ2.5t、、、} りょう{#0000FF:この状態で保管された材料・器具に 蛾が産卵しに来るだろうか? カタバミ?の種がまとまって飛来するだろうか? -                            -} りょう{#0000FF:材料は、密閉して保管 器具もフタ付容器に保管 これを、コンクリートミキサーで混合 出来た培土は、フタ付容器で保管 -                            -} りょう{#0000FF:床土のレシピは確率して20年以上 育苗ベッドが高設化して15年経ったろうか ポットからネキリ虫が出てきたのは初めて 当方の培土は、有機だが人工培土と規定している すなわちJAS有機、許容範囲内の資材を使用するが、 生態系からは隔離した状態で作り、使用 雑草や、害虫が紛れ込む可能性は少ない 現段階では、コメリか購入した、 赤玉土細粒14㍑、同、ピートモス ホーマックの鶏糞、五光のバットグアノ、これらは粉砕 コメリの苦土石灰・消石灰、 自家の草木灰、が材料 -                            - } りょう{#0000FF:[P:210] 最後に良いポットを植えて終わりたいので 被害のない2枚を残した 歩止は85%くらいだろう} りょう{#0000FF:[P:209] 残った土をナイフでかきとりチェックすると ネキリ虫が出たきた} りょう{#0000FF:[P:207] 植えられなかった株は 成長点がなくなっているもの 茎が切断され葉が落ちた株 切断された茎の再発芽が見られる} りょう{#0000FF:[P:203] トレビス・レタス20lcxbの移植 立枯れが起きているのかと思った ひどいプラグポット しかもカタバミらしき草も発生 20年来、初めての惨状} りょう{#0000FF:[P:201] 先行して植えた部分 穴あきマルチ時代の活着の悪さが改善された マークされた位置に事前に注水している 炎天下、8月に植えないと、10月のトレビスにならない 育苗トラブルで、このマルチに植える苗が不足となった} りょう{#0000FF:[P:200] マルチ上に土を寄せる 弱い苗を立たせ、 風でマルチが浮かされるのを防ぐ} りょう{#0000FF:[P:199] 落しこんだ状態} りょう{#0000FF:[P:198] そのハサミ、 スニップスにクチバシを溶接} りょう{#0000FF:[P:197] レタス20lcxbの移植 落しこみ」植えとでも言おうか 植付ハサミで開いた穴に苗を落とす} りょう{#0000FF:スタンドに取り付けて、斜めにニンニクを当てると 削っている部分が見え、使い易い 保護メガネは必需 スタンドもドリルも手持ちの物、新品でも1万円 -                            -} りょう{#0000FF:[P:196] 県内の老舗メーカーよりビットを取ったが、50kgほど削ると 切れなくなってしまった、送料、振込料込で7000円也 研ぎ方を電話で問い合わせたが、 専用のグラインダでなければ研げない、とのこと じゃグラインダはお幾ら?と問えば、およそ2万?? だいたいこのメーカーのこの刃を取り付ける機械が 10数万、、、 横たえてあるのが、件の刃、 右のがアマゾンから取ったもの、こいつは切れない ドリルに取り付けてあるのが探し出した刃、900円 まあまあだが少し小さかった 今日、やっと配達された刃を試してみたら これがもっとも切れ、目詰まりもしない -                            -} りょう{#0000FF:ブラシ機は、本来ニンジン洗浄機だが、 芋の、土落とし磨き機に流用、 箱詰め送り機としても使えている 芋専用機、中古機だけではないが、総額、100万では足りない 200tくらい使わなければペイしないだろう、 そう、植付機もあった、、 北海道の資料を見たら、1条歩行植付機が70万!! 私のは10万、、、、、新車 } りょう{#0000FF:<収穫と出荷までの工程> じゃがいもが枯れたら、掘取り3日前までに茎葉と雑草を刈る モーアは刈るというより粉砕、 ディガーで掘り、手でコンテナに拾い込む リフトアップするキャタピラキャリアで集め、 トラックのパレットに積む 倉庫ではフォークリフトで卸し、選果機の前に並べる 扇風機3台で風を送る、最低3日 選果機でサイズ選別し、ブラシ機で土落とし磨き、箱詰 パレットに並べ、トラックに積んで、集荷場へ持ち込む } りょう{#0000FF:有機の立場では雑草の処理は刈るしかない、 畝間をチェーンで刈れるようになったのは画期的 -                            -} りょう{#0000FF:夏の休みが明け、じゃがいも収穫を再開できる人手が揃った わずか、10日間で芋畑にはまた雑草が伸びてしまった、 モーアで軽く刈り、その後、丁寧にチェーンモーアを掛ける するすると掘れ、夕方だけで、400kgほどを掘った、 55才のトラクター、 25才のディガーは見かけボロボロだが、快調 スプロケットの肉盛りをしただけ、 どうもこの歯車、軟鋼で作られていると思われる、 ニプロさん、、 -                            -} りょう{#0000FF:マルチ間に耕運機を入れられる畝としたことにより 条間除草が画期的に楽になった また、穴なしマルチに2cm程度の穴で植えることにより 株元に出る草の軽減もでき、移植後の手作業ほぼがなくなった} りょう{#0000FF:きゅうり、ピーマン、トマトなどの果菜類は、マルチ内に 潅水チューブを設置、30㍑/m程度を注水後、移植 まず枯らすことはない、水源は井戸、畑全体に配水可能 レタスに潅水チューブ試したが、小さい苗のことロスが出た マルチへ向け散水する方法が楽そうだが、 各マルチ穴に確実に注水するのは困難、 回転するスプリンクラ、帯状に散水する装置も試行 これらも不確実 もっとも確実なのは、各穴に注水する方法、 ただし、70mのホースの扱いは楽ではない レタスのマルチフィルムは、特注してきたが、これを廃止 穴なしフィルムに、車輪マーカーでマーク、注水に変更 移植ハサミで土に穴を広げ、苗を落しこみ覆土することとした 今季は雨が多く、無潅水での移植も試みた、 ↓の写真のように、活着率、95%以上の結果 -                            -} りょう[P:193] {#0000FF:ソーラーパネルを使った追肥装置 かっては、発酵鶏糞をマルチ際に散布していたが 効果がはっきりしなかった 19年より、500㍑タンクに5kgほどの鶏糞を入れ 上澄み液を、12vポンプで、送る形式とした きゅうり、ピーマンには畝に潅水チューブを設置してあり 微力なポンプでも20mくらいは送れる 空回りさせても壊れるポンプではなく、容易に使える} りょう[P:192]{#0000FF: 思い切って広げた畝幅 1.6mに0.95mのフィルムを使う マルチ幅は0.7m程度 間を自由に耕運機が使えるようになった} りょう[P:191] 久しぶりに苦労した移植 徒長苗もなんとか、活着 りょう{#0000FF:秋のレタス、トレビス20tvxb、30日を越えた苗を雨中、植える 傾斜畑は、水が溜まらないのが利点だが、、、 2期目播種の苗、発芽率悪く、さらに徒長、、} りょう{#0000FF:困った、、基本の最強メンバーが病気で倒れ 補助的な方も不調、、 スポットメンバーも盆休みに入ってしまった 早急に植えなければならないレタス 掘らなければならない、、じゃがいも 更に悪いことに、猿の来襲、、、、 -                            -}