設定変更

 メール投稿

アバター

サイズ

特殊な投稿

画像投稿

ファイル投稿

アンケート投稿

ダイスロール

メッセージが届きました(ここをクリックで表示)
通常投稿の通知音
ボリューム :
重要投稿の通知音
ボリューム :
お知らせの通知音
ボリューム :
メッセージの通知音
ボリューム :
入室時の通知音
ボリューム :
退室時の通知音
ボリューム :
キーワードの通知音
ボリューム :

会話中

取り込み中

退席中

食事中

電話中

移動中

お手洗い

お風呂

おやすみ

隠密行動中

    名前をクリックすると、メッセージを送信出来ます。

    りょう{#0000FF:今朝、今年最初の鴬が鳴いた にんにく21grxb追肥、0.2kg/m2 255 kg じゃがいも21ptxa元肥0.4kg/ m2 900kg T4HH12200rpm ペレット鶏糞 N値が5.6%になり、 1.8mのライムソーワ満杯で200m以上(畑2往復)可能となった 引続きじゃがいも畑を耕すが、雨 MF32深度3、M2速2000rpm -                            - } りょう{#0000FF:[P:281] お示しした図} りょう{#0000FF:[P:280] ポートランド検品図} りょう{#0000FF:MF32始動系統不調、クボタに見てもらい解決 X圃場、耕起開始、後雨 ファンベルトの緩みも発見、 張るには、タイヤレバーなどを使うこと -                            -} りょう{#0000FF:レタス、2枚播種 1枚目は、順調 -                            -} りょう{#0000FF:[P:278] 完成し、配送手配したとの通知あり ""Hello, the ship has been ordered, you need to entrust a freight forwarder to help you clear customs and pick up the goods"" =「船は注文した、代理業者を頼みなさい」 ""shipment""でしょ、船も欲しいけど 国内のメーカーが、細かいオプションに 応じてくれるのだろうか? チャットができるプラットフォームで、画像見ながら 英文で話し合い、その場決済できてしまう 種の問合せをするのに、おぼつかない英作文をして、 手書きで航空便使って送った時代から25年 受注生産のようで、これが送られてくる らしい??????? 転倒しないようステーが付属 -                            -} りょう{#0000FF:[P:277] ディスクのシャンクを2本のコ型ボルトで締めている 鋤柄の三兼機は、ボルト1本で締め付ける固定↓ -                            -} りょう{#0000FF:[P:271] -                            - 鋤柄機 特製の角パイプのツールバーに、ロ状の部品をかぶせ 1本のボルトで締め上げて固定 使っている内、角パイプはつぶれ ロ型金物は開き、ガタが生じてしまう} りょう{#0000FF:[P:270] -                            - 注文に成功した、Ridger } りょう{#0000FF:日産自動車の創業者が、 鋳造品を鍛造する技術を米から導入したとのこと 鍛接はForge weldingと訳される F6Fを作ったグラマン鉄工所を思い出した -                            -} りょう{#0000FF:[P:268] 国際標準品、ボルト径28mm 鋳造で軸付リングを作り 鍛造で整え、ネジを切る??という高度な加工を しているのなら?、高価なのも仕方ない} りょう{#0000FF:国産?溶接ボルト、、径22mm 完成品のボールエンドとボルトを溶接している [P:267]} りょう{#0000FF:農業機械の部品を深く探索しているうち、先進国であったUSAで 「規格」が作られているらしいことが判ってきた。 Linkageの規格はCATEGORY0~3で定義され 国内規格はこれの翻訳版で日農工規格 さらにこれがJISに移行したらしい かっては生産国であったようだが、現在はハブ機能 国産トラクターのウォーターポンプが、地元代理店より 安く買えるという不思議な現実がある 国内の大手も、多くの部品は輸入しているのではないか? ウォーターポンプ、クラッチなど、外国メーカーと共通? ニプロは、イタリア規格のVベルトを使っているとうそぶいた。 型番はJISと共通だそうだ!!だからニプロから純正品をとれと、 半製品輸入して、ペンキ塗って売ってるのか? 培土ディスクなど、中国で米規格をもとに作られている? 微細な発見だけど、3Pリンクのピンの中に インドネシア製らしき記述があった。 シンガポールコネクション?? トラクターとしては汎用の19mmピン、かっては高価で 農機具屋に注文して買ったが、 今はホームセンターで500円以下で売られている。 -                            -} りょう{#0000FF:トマト、フルティカ 18株 21ftxb ピーマン、京波 156株 21pmxb レタス、早生サリナス、200株、21lcxa 育苗播種 -                            - 何年ぶりだろうか、播種をやったのは } りょう{#0000FF:USAヤマトを使うと、非常に高くつくことが判明、 しかしお約束はお約束です、 事前に決めた代金しか、いただきません ↓USAからの宅急便、一般料金 https://www.yamatoamerica.com/cs/international-ta-q-bin/international-ta-q-bin/ -                            -} りょう{#0000FF:画像をクリックすると、 画像自体の原寸表示が別窓で表示されるようです またその表示が、私のPCでは、ほぼ実寸サイズになります -                            -} りょう{#0000FF:調整可能なナットタイプ 7/8 "ピン直径22.2mm 5/8 "NFネジ径 15.875mm 1-3 / 4 "使用可能な長さ44.45mm・ロアアーム側の幅? 4-1 / 2 "120.65mm全長 -↓                           -} りょう{#0000FF:[P:265]} りょう{#0000FF:[P:263]} りょう{#0000FF:要望のあった、ピンを捜し回って ↓の絵の製品発見、 ただネジ部と、差し込み部の径が入れ替わっているようで 問合せ中、、、初めて見つけた小売店、 会員登録もうまくできない、、、 -                            -} りょう{#0000FF:[P:260]} りょう{#0000FF:カテゴリ0(5/8”インチ15.875mm作業機)> カテゴリ1(ロワアームのピン穴22.2mm7/8”インチ) は発見しましたが、全長4-1/2インチ、114.3mmです -                            -} りょう{#0000FF:土寄せディスク=hilling disc のサイズを向こうは 510mm と表現、私は20inと理解、、、 事前にUSAサイトでインチ表示のものを検討していたから -                            -} りょう{#0000FF:中国のメーカーに注文する時は英文でチャットをする 私は読めるが、単語のスペルもわからないから、書けない 日文をグーグル翻訳に打込み、英文化してペーストする サイズはメートル法を使っているが、一部はヤードポンド -                            -} りょう{#0000FF:[P:258] 日農系のこの図の19㎜が6/8” 22㎜が7/8” 建設・土木では長さは㎜で書くのか標準 mmで表記すれば、桁の , や小数点の . はほぼ不要だ -                            -} りょう{#0000FF:カテゴリがわからないと注文できない category1は、CAT1と表記され 寸法は 1-2/8” などと書かれている -                            -} りょう{#0000FF:USAでインチで定義された Three Point Hitch が 輸入され日農でメーター法に翻訳され、流通 更に日農はこの規格をJISに譲ったようだ -                            -} りょう{#0000FF:Three Point Hitch ロワリンクのピンが届いたので、出品、 トラクタに作業機を取り付けるのには 3Pリンクヒッチを使うが、元々USAで規格された体系 規格はインチで定義されている まだこの規格の原文には遭遇してないが、 トラクタの馬力により0~4のカテゴリに分けられるようだ 鋼材やワイヤなども国内JISはインチ系の寸法を翻訳したものだ 1/2”≠13㎜ 5/8”≠16㎜ 6/8”≠19㎜ 7/8”≠22㎜ 1”≠25㎜ 1-1/8”≠29㎜  1-2/8”≠32㎜ 今日は 1-1/8” という表示を㎜に換算するテーブルを作った 世界はメーター法に統一されつつあるが、 USAの商業表示は、ヤードポンドだ -                            - } りょう{#0000FF:[P:256] 元々6条機を、チェーンをはずして2条機として使用 条間-ピッチも、既成の0.2mX0.15mのまま 種はただ落とすだけだから向きは垂直になっていない この後どういう結果になるか? -                            -} りょう{#0000FF:機械播種で、深植えになったためか、年内一斉発芽」 にならなかったニンニクが、発芽揃いとなった 本年初のトラクター使用、鋤柄で土寄せ」作業 -                            -} りょう{#0000FF:栽培中の土寄せには、鋤柄機を使用してきたが アリババでディスクタイプを注文、 510㎜=20inの大きなディスク付 インチという単位にも慣れた、 だいたい農機具の名称がわからなかった 最終的に「DISC RIDGER」という名称での発注となった DISC HILLERとも言うようだ 米では、シャンクが上下でき、角度も可変タイプ 中国ではシャンク(柄)高は固定、角度は可変 トラクターの部品の多くは米で生産されているようだが ディスクは中国で生産されているようだ 国産にはこういうタイプの製品はない 鋤柄のマルチャーのディスクはベアリングが使われていない 長く使うと、軸が磨滅してガタが出る ビールのアルミ缶を材料に、円筒に丸め、軸にかぶせる 簡単な自作ベアリングですが、以降土寄せが安定した -                       -} りょう{#0000FF:[P:254] xp-365b ラベルはインクジェットを使い A4用紙で刷っていたが、耐水性の問題があった 機体は安いがインクも使うわけで、もっぱら互換を使う 給紙、作動までの時間なども面倒 サーマルプリンターは高価で手が出なかったが これは6000円、、ブラザーの物の半値以下 ただ説明書が中文、ソフトは英文 位置調整がわからず、ラベル用紙400枚ほど無駄になった 苦闘のすえ解決、、優れた自動機だった 発送ラベルには別の機種を使ってるが こちらも好調、インクプリンターに較べ、 1データ毎に刷れるし、起動の早さも大満足 -                            -} りょう{#0000FF:[P:253] ユーチューブで見て注文した充電チェーンソーが届いて 細い薮の処理に使い始めた わずか100mmのガイドバー あまりに小さいのだが、手ノコに較べたら圧倒的 枝剪定用の小型エンジンチェーンソーが出た10年前 5万ほどだったようだが、樹に登って使うには 限界の重さだった これは華奢だが、1/10の価格 -                            - } りょう{#0000FF:高温処理をして強休眠に入らせても 土壌に植えれば、休眠は容易に解けそう -                            -} りょう{#0000FF:貯蔵ニンニクの早期発根について調べていて 貯蔵予措として、高温処理というのがある との文献がありました -                            -} りょう{#0000FF:定説である「ダーウィン主義」に逆らって失敗した代表例 「ルイセンコ主義」は有名です 春化処理Vernalizationは、また別ですね しかし、春化処理とニンニクの塔立ち、関係ありそうです -                            -} りょう{#0000FF:育種学というのがあるのでしょうか? 遺伝子操作の種子は流通できないようになってるはずで 野菜種子あくまで交配なんだろうと思ってます じゃがいもは花を咲かせて交配とか聞いたような 果実は、交配種のクローン=枝取、接ぎ穂栽培 ミュータント(突然変異)のクローン -                            -} りょう{#0000FF:四国もニンニクの産地ですね、 1、中身が入っていない」というのは、いわゆる「皮」だけあって中が 無いということでしょうか? そのような症状、当方では発生していないようです、 2、品種によっても違いがあるのでしょうが、1片だと思って 植えた種が、実は2片で、芽が2本たってしまう例、けっこうあります 当方は福地系を自家採種のみで栽培、福地は6片が基本ですが 種バラシの時、4や5片に見えるものの中で、特に大きい片は皮をむいて 確認しています、裸にむいた種でも特に問題はないようです かといって調理するときわかるのですが 小さな片のも、2胚のものがあります ひょうたん状に、球の上に小さいのが付いているタイプ 上まで出ずに、球の中に留まっているタイプ 異形の片が球の中心にできてしまうタイプ、などがありますね 2次成長といえるのでしょう、 親と子の世代がはっきりしない植物 これらが伸びるとムカゴになると思っています いや、ムカゴにまで伸びることができなかった個体が、 と言えばいいのでしょうか ユリ科、特にネギ近縁は、花とムカゴの分化がはっきりせず ニンニクの品種によっては、ムカゴが出来ず、花が咲くものもるようです ネギの品種には、ヤグラネギとかいう、穂発芽するらしいのもあります で対策と問われても困ります。 自家採種で続けていますが、強い淘汰はやっていません 形状を選んで植えても、元々クローン栽培 DNAは同じだと考えています。 異形は、その個体かぎりの獲得形質との考えかたに基づいています 長らく小さいものしか収穫できなかったのですが 施肥タイミングで、けっこう大玉も採れるようになっています そういえば2次成長的な形状が少なくなったような気もしますが 統計をとっているわけでもなく、あくまでも印象です -} Z突然の問い合わせ失礼します。 現在香川でニンニクの栽培をしている者ですが、栽培上大きな課題が2点あります。りょう様の私見で構いませんので原因と対策についてご存知でしたらご教示いただけないでしょうか? 1.ニンニクが分化せず、中身が入っていないニンニクが収穫されることがあり、商品価値を著しく損ねてしまう。(暖冬の時期ほど発生割合が多い) 2.収穫されたニンニクを自家種として更新しようとした際に、ニンニクのりん片に覆いかぶさった小さいりん片が散見される事象(我々は二次成長とよんでます)が発生し、間違えて2つのりん片を植えてしまう可能性がある。 りょう{#0000FF:昨年春、買った、1万円のチェーンソーが長い病休中だった その間は、マキタの電動でしのいできたが、 残った薪が太い物ばかりになり1万円にトライ 店で売っている、プレミックスの燃料を注ぎ足し、 英文のマニュアル通りの手順で試す 2度目に初爆、、吹き上がった 直径20cmクラスを何本か切ると吹き上がらなくなった、 高速での回転が維持できれば、いいのだが、どうなるか? -                            -} りょう{#0000FF:じゃがいも低温貯蔵システム用に Aribabaへ、サーモスイッチ2個注文、、アマゾンの半値、    計8$也、 XH-W3002 AC 110V-220V 例えば、2℃~6℃間稼働のセットができるとのこと これでで、2基の換気扇を回し室外気を取込み 加温不足分は、600wのトイレヒーターで 1tのイモを蓄冷剤と考え、低コストでの運転 新たに買う材料1万円以下 育苗では、バイメタルスイッチで制御しているが、 設定点は1で、30℃までヒーター稼働 越えるとファン稼働の動作、 もう20年も前に買った、あくまでもアナログの製品 確か6000円ほどしたスイッチ -                            - } りょう{#0000FF:鍋いっぱいの皮をむいたイモをゆっくり茹で シチュー、フライ、ベーコンやチーズ、バターでの仕上げ、 で問題は、味だ、、 実はこのイモ、2件の身に余る、お褒めを受けている、 味覚は個人差もあるが、ある程度の傾向は共通かもしれない 私の評価は「ああ、、うまいんだな、」です -                            - } りょう{#0000FF:じゃがいもの、粗い選別でハネたものではなく、 小売の袋詰めでのハネを、検査がてら食べている。 3kgほど調理したなかで、1個、中に黒い発色を発見、 小売袋には1個の混入も防ぎたいわけで 現選別レベルは、適切と言っていいだろう 納品を終了したスパーの棚が、なぜかスカスカになっている 並べていた時点では、あふれるばかりの満杯だった スーパー直の納品卸売業者のイモは緑化も見られた、、 -                            -} りょう{#0000FF:コマツさん、、さすがプロ コネクターが外れてるの発見、 一件落着、、、、2万の請求、、しかたなし、、ぺぺ」」 -                            -} りょう{#0000FF:まずコマツに修理依頼 状態を見に来るだけで、出張費2万とのこと フォークリフト2008年製なのだが、部品が無い 可能性もあるとのこと、、 -                            -} りょうロガーのレポート[F:2] りょう{#0000FF:次いで、配達用の軽も故障。 ライトのつけっぱなし、全放電での、不始動かと思い 久々にアマゾンから充電器をとって試みたが、 充電はできたが、一切無反応。 これも電装屋に相談することに決めた。 -                            -} りょう{#0000FF:機材の電装不具合が多発、ついに0.5tの電動フォークリフトが 動かなくなった。単に充電系とみえる故障で始まり、どこかで 短絡を起こしている症状。完全に不動となって、メーカーの 支援を受けることにした。 -                            -} りょう{#0000FF:   [P:252] 温度ロガー、、16$、輸入 -                            -} りょう{#0000FF:    [P:251] 2年間は使えた非接触表面温計、 故障の原因は測定上限を超える ストーブ表面を測ったためか? 1500円、、中国製 -                            -} りょう{#0000FF:[P:250] シンワの育苗用温度計、今アマゾンで1000円を超す とても使えるものではなかった -                            -} りょう{#0000FF:古典的なアナログ機材を使っている間に 体感的な把握ができるようにはなっていたが、 このロガーと非接触表面温度計、どちらも中国製 国産品の1/4以下の価格だ -                            -} りょう{#0000FF:育苗では、シンワの600円ほどの温度計を 5個ほど買って使っていたが、2年で全滅 ガラスの温度計・水銀の最高最低温度計なども使いづらかった -                            -} りょう{#0000FF:温度経過記録用のロガー TEMPU 03 日付時刻調整が機体ではできずdriverを捜したのだが、 USB接続したと同時に、ZIPファイルがPCに流し込まれていた 解凍してみたが、けっこう複雑で、、、 結局ドライバーが見つかり、時刻調整完了 最大12000ポイントを設定時間間隔で記録、 PCと接続するとグラフを含むPDFと、CSVファイルが生成される ハウス、育苗、貯蔵などの気温測定や記録が自動かつ定数的に 出来てしまう装置が、わずか17$だ -                            -} りょう{#0000FF:当方での考えかたとして、 ビーツとジャガイモ計で、1t程度を2月いっぱい貯蔵 -                            -} りょう{#0000FF:宮坂建設さんに直接電話でお聞きしたところによると 自動管理された 冷蔵器と換気による空調とのこと -                            -} りょう{#0000FF:https://www.miyasaka-cc.co.jp/post_underconstruct/post_underconstruct-5532/ これは宮坂建設さんによる 北海道恵庭市の馬鈴薯貯蔵庫、} りょう{#0000FF:ホクレンの資料を紹介しておきます https://www.hokuren.or.jp/common/dat/agrpdf/2014_0314/13947737131631643728.pdf} りょう{#0000FF:これだとフル稼働で12kwh/dayになり 電力料金は400円/日程度ということになる -                            -} りょう{#0000FF:灯油ランプは自動制御できないのが トイレ用の最小の電気ヒーターは、サーモスタットが付いており 使用電力=熱出力だから、 0.5kwもあれば足りるということになる -                            -} りょう{#0000FF:使用中の灯油ランプは0.03㍑/h程度なので 熱出力、0.3kw/h 程度と推定できる -                            - } りょう{#0000FF:灯油の加温能力などを計算するのが面倒で 小型灯油ストーブの燃費を検索すると トヨトミ・RB-G250-W 0.243㍑/h 2.5kw/h というデータがあった -                            -} りょう{#0000FF:作業室の隣は機材庫、その隣が居室で 居室は10℃以上には暖房を継続、 建物全体も暖まっている、 それでも、作業室が氷点下になる場合があった、 ロガー設置以降は、経過観測できるようになったが、 どうもイモを凍らせるには、マイナスの潜熱があり、 9坪の部屋を氷点以上に管理するのに、 大型の灯油ランプ点灯でなんとかなったようだ。 -                            -} りょう{#0000FF:加えて、濡れてはこないが軟化した物 等を除外、販売に回した -                            -} りょう{#0000FF:作業室を5℃くらいまで加温すると、 凍ったイモは融解熱というマイナスのポテンシャルが大きく 結露が生じやすい=表面が濡れてくる、、 濡れたイモをそのままの気温中に置くと、軟化するものがあり これが実際に凍ったものと判断している -                            -} りょう{#0000FF:コンテナの中、全部が凍ってしまう訳ではないイモの判別は困難 まさか全数体温を測るわけにもいかない イモの表面温は0℃でも、内部が凍っている場合もある} りょう{#0000FF:ロガーを起動し、 チェック用にアルコール温度計と並べ、イモの上に設置 3日ほどして、USBプラグをPCに接続、マイコンピュータ内の USBメモリを開くとPDFとCSVファイルが生成される、 PDFは数字とグラフ CSVは数字のみのデータ、 現状、10分間隔、での計測 アナログの温度計との誤差はみられなかかった -                            -} りょう{#0000FF:ある時点の「体温」は測れるが、経過は取得できず 気温ロガーを注文した、17$なり 説明書が中文だったが型式で検索すると英文のPDFがあり グーグルで翻訳しながらだいたい読めた -                            -} りょう{#0000FF:1月上旬、イモの凍結が見られるようになり X圃場の貯蔵中の作業部屋には、大きな灯油ランプを点灯しての 加温を始めた -                            -} りょう{#0000FF:非接触表面温計が安く買え 貯蔵野菜の「体温計」として導入している -                            -} りょう{#0000FF:当地は、ごく近くに気象庁の観測点があって、 データは得やすいが、貯蔵野菜のマクロな状態のデータはない -                            -} りょう{#0000FF:この冬、気温は例年に較べ、低温が続いた、 他の条件もあるだろうが、 貯蔵中の ビーツが凍り、じゃがいもが凍った -                            -} りょう{#0000FF:[P:249] 販売中の「じゃがいも播種機・施肥器付」 ↓はグーグルフォト https://photos.google.com/?tab=qq&pageId=none } りょう{#0000FF:2020年産野菜、全て販売終了です、 ありがとうございました} りょう{#0000FF:30日、ハウス圧潰} りょう{#0000FF:2度目の雪が来た、週間予報は全部雪マーク 前線ははるか南を通過、静かな降雪で始まった、 下屋の補強は済ませてあったが、深い所では30cmを越えた 除雪用のトラクター、燃料切れを起こし、道路で止まる 10㍑ほど給油、エア抜きをして再始動、 簡単にかかってくれた、 -                            -} りょう{#0000FF:10年以上納品してきた道の駅の駐車場に、客の車が1台も 止っていなかった。初めて見ることだ。 一時はGOTOに押されてか、そこそこの人出だったのに、 全国の陽性者が3,738人を記録 前首相は不逮捕、、、、、 -                            -} りょう{#0000FF:町内ただ一つのスーパーが今朝から停電、 夕方通った時も店は暗いまま、 工事車両が2台止まっていて、受電設備をいじっていた リースを手配すれば100kwくらいの発電機は県内にあるはず、 受電設備の故障? 電気がなければ、冷凍品は融け出し、 バーコードが読めないどころか、現金の出納も不可 カード類も一切ダメ、 大手がこういう場合の対応マニュアルを確立していないとも 思えないのだが、、 店側も大変だろうが、 町内最大の小売店、私としても食品の大半を依存 1週間も止ったら、、、、 今朝方の一瞬の停電はスーパーの短絡の衝撃? ここも停電が1時間も継続したら、配管が凍結 復旧に大変な手数がかかることになる -                            -} りょう{#0000FF:[P:247] 中古6000円也のスノウバケット 2駆のトラクタが滑らないかと思ったが 低速なら問題なし、 タイヤと路面での摩擦熱で雪が融けるのがスリップ 空気圧を減らし接触面を増やすのも手かもしれない -                            -} りょう{#0000FF:暖冬傾向の推移に油断していたら 急に冬型の気圧配置になり降り出してしまった 降雪は今日で4日目 ここ深浦で越冬するのは20年ぶり 井戸からの配水が脆弱で、凍結を心配していたが 常時流しっぱなしにすればOKだった。 蛇口から出る水温は15℃を維持している 自動洗濯機のバルブが凍ってしまう -                            -} りょう{#0000FF:[P:245] 好評発売中のバラしたにんにく これは小さい方} りょう{#0000FF:[P:243] 年間の推移をグラフ化 11月中、体感では「小春日和」といえる日が多かった 9~11月の推移は短縮された冬の後、春になったような動き -                            -} りょう{#0000FF:乾燥機のある倉庫の窓は遮光してあるが、 むしろ日差しをとりこんで 気温を上げたほうが良いということになるか? -                            -} りょう{#0000FF:http://www.jasta.or.jp/active/download/docs/ninnniku.pdf} りょう{#0000FF:「にんにくの「休眠」と気温」とグーグルで検索すると 「発芽適温:15 ~ 20℃。 25℃以上では休眠状態になり 発芽しない。」 とのpdfがいきなり表示された -                            -} りょう{#0000FF:[P:240] 例年にないにんにくの発根問題の解明のため 気象庁データから、 この秋の気温推移の傾向をグラフ化 観測点が500mほどの距離にある 9月初旬の+4℃を挟んで かなりの高温期間があったことは間違いないが にんにくの「休眠」と気温との関係があるのか? 県内の常温貯蔵物にカビが発生が見られたとの情報は 県庁から得たが 発根はカビではない、 さいわい当農場ではカビの発生は防げている -                            -} りょう{#0000FF:トレビス、13箱 バターナット46箱、東一への最終出荷 -                            -} りょう{#0000FF:とうや20ptxa、選果終了、貯蔵量ほぼ1t -                            -} りょうZ圃場収穫、撤収終了 サツマイモ、少なく、バターナットが予想外に多かった -                            - りょうファイルアップロード参照テスト さつまいも栽培管理表[F:1] りょう{#0000FF:Z圃場、さつまいも、バターナット収穫終了、 現場に残る資材はクローラキャリア、1機のみ このキャリア、ベルトの調整、青森クボタに任せたが また、ベルトのスリップがおきる、 荷重が多くなると走行しなくなる 油圧ベルトの状態はよく、リフト・ダウンはそこそこ -                            -} りょう{#0000FF:Y圃場、機材撤収完了。岩木山には未だ積雪がなく、 沿道は紅葉の盛り。帰りの道路、海抜20m程度の地点での 気温表示は14℃、 -                            } りょう{#0000FF:Y圃場とうや含め、全収穫終了、 この時点でクローラキャリア、モーア付の日乃本が置いてある モーア、キャリアは、Z圃場へ移動 さつまいも、バターナットの収穫が残っている -                            - -                            -} りょう{#0000FF:Y圃場、1ヶ月遅れのじゃがいもの収穫、2/3程進む 在庫の8月収穫のイモは大方片付く おなじくYのかぼちゃ類、洗浄、あとわずか 倉庫満杯で身動きがとれない -                            -} りょう[P:238] {#0000FF:秋田港、保税上屋での引取り 予定とおり、軽トラにぴったり2台載った 施肥器・アシスタントシート付 じゃがいも自動播種機} りょうY圃場のかぼちゃ類、収穫・搬出完了、、 コンテナで65+69本、、 ダークホースのネズミ害がけっこう出ている りょう{#0000FF:伝動ドットコムという、ベルトなどの通販の会社に 10月12日 12時21分、ベルトを注文、 届いたのが16日、15時、会社は、板橋区、4泊5日かかった、 当方、同時間の受注で、 平日なら板橋区まで遅くとも、14日中に届けている、 運送会社は西濃!!、13日の夕方集荷!!その深夜に 板橋トラックターミナルを出て、なんと仙台の店に卸してしまう、 そして14日夜、仙台から、JRコンテナに詰め、発送!! コンテナ列車は、15日朝青森貨物駅に着くが、 コンテナは午前中に、西濃弘前店に着く 当日の深浦配達便はすでに出発している!!! ここでもベルトは1泊、、、、 16日、15時届く!!!!!! こういう素晴らしい配送形式をやっている店が アマゾンなどに出品できている1!!!! 当方は全国、波照間から利尻まで最長2泊3日のシステム} -                            - りょう{#0000FF:[P:234] 雨が続き、土が乾かず中断していたニンニク播種 残り、5畝、 植えてみると問題点がはっきりしてきた 種のサイズとコンベアのパイプの関係 大きな種、20g くらい以上は詰まってしまう 播種、終了、、、、 しかも、引っかかった種で部品破損 6rowを2rowに使うので4条分の部品がスペアとしてストック 補修に問題はない 播種終了、 -                            -} りょう{#0000FF:今回の 2ROW SEMI AUTOMATIC GARLIC PLANTER で 全播種系を機械化達成 一般の播種はアグリ矢崎の2条クリーンシーダ じゃがいもは中国機改 培土には、三菱D2000Ⅱ、2Pロータリー尾輪距可変タイプ (溝草モーアとしても使用) 鋤柄、三兼機の改 芋は1.1mの畝幅 にんにく、だいこん、にんじん、ビーツは 2row on1.2mbed で共通 すべて20Hp級のトラクタで使う -                            - } りょう{#0000FF:今回臨時のピンで間に合わせたピン USで見つけたのは、片持ちピン6$、セットで12$ 送料20$かかったとしても安い、 さすがStevenさん -                            -}