設定変更

 メール投稿

アバター

サイズ

特殊な投稿

画像投稿

ファイル投稿

アンケート投稿

ダイスロール

メッセージが届きました(ここをクリックで表示)
通常投稿の通知音
ボリューム :
重要投稿の通知音
ボリューム :
お知らせの通知音
ボリューム :
メッセージの通知音
ボリューム :
入室時の通知音
ボリューム :
退室時の通知音
ボリューム :
キーワードの通知音
ボリューム :

会話中

取り込み中

退席中

食事中

電話中

移動中

お手洗い

お風呂

おやすみ

隠密行動中

    名前をクリックすると、メッセージを送信出来ます。

    たいきのいもうとh;「thht「htht;ht たいきのいもうとhth@t@ht たいきのいもうとth@th「;「ht;「gh:「 たいきのいもうとllhlgl@gr@7 たいきのいもうとmhmg、rp りょう{#0000FF:じゃがいも、とうや、20ptxa収穫開始、 350㎏ 緑化、少ない 1mのモーアで残滓処理後、リッジャーで溝の草、浚う にんにくでテスト済のディガー快調 高位のギアを使い1000rpmの最低回転でPTOを回す 時速1~1.5㎞/hの前進速度 -                            -} りょう{#0000FF:ビーツ洗浄作業後、5時間、 水位、-4mを維持 condition4=圃場潅水・限定実施、に変更 ***************************** 水位-6m以下 condition1、生活維持のみ使用 水位-5~-6m condition2、圃場潅水停止・洗浄限定 水位-4~-5m condition3=圃場潅水停止・洗浄FREE 水位-3~4m condition4=圃場潅水・限定実施、洗浄FREE -3m以上 condition5=FREE -                            - } りょう{#0000FF:水位、-4mにまで回復 3㎥貯まるのに20時間要したということは 湧出量150㍑/hくらいが推定される condition3=圃場潅水停止 実施で乗り切れるか? -                            - } りょう{#0000FF:5時間後、水位は-6.4mまでしか戻らない 地中水位そのものが、-6mほどまで下がっているということ 雨を待つしかない なお、水位は水面に発砲スチロールを浮かべ レーザー距離計で測定 } りょう{#0000FF:明日、水洗いを伴うビーツの収穫を予定していたら、 蛇口から水が出なくなっていた。 井戸の水位はサクションの先端、-7.6m 電源を止め1時間、0.6mほど上がった。 おおよそ500リットル 10時間ほどおいて、どのくらい水位が上がるか 水使用制限、condition2適用 圃場潅水停止・洗浄停止 condition3=圃場潅水停止 condition4=?? condition5=FREE ??? -                            -} りょう{#0000FF:7/7、秋のトレビス・レタス=21tvxb育苗播種、開始2000株づつ 7/14、2回目 秋のビーツ21bt2xb にんじん21cr2xb播種、 合計で600㎡} りょう{#0000FF:[P:321] 1条時代の中耕作業 -                            -} りょう{#0000FF:[P:320] これはマンザナ、での自主作業} りょう{#0000FF:[P:315] 2条を1畝にのせる参考となった写真 合州国南部?1930年代??} りょう{#0000FF:[P:313] 鋤柄機でのゆるめ この後、手で抜くので 雑草はそれほど邪魔にならない 2020年 -                            - -                            -} りょう{#0000FF:[P:311] これは2007年、ニプロでの掘取 コンベアによる損傷 目詰まりなどでその後中止 -                            -} りょう{#0000FF:このディガー 国産機との大きな違いは コンベアが長い コンベアの跳ね上げ震動機構がない 長い故、傾斜が緩い 調整可能な尾ソリに代わり固定のキャスター コンベアは塗装もコーティングもない8㎜程度の丸棒、 ロワリンクは、22㎜の丸棒を溶接してある コンベアとサイド板との間は40㎜程度の隙間 トップリンクはフラットバーに22㎜の穴があり、 CAT1なのだから、19㎜のピンを貫通させて使う PTOのジョイントシャフトは脆弱そうだが長さはぴったり ディスクリッジャーでの雑草処理もあってか なのだが、初めてニンニクの機械掘りに成功 -                            - } りょう{#0000FF:[P:310] CHINESEのポテトディガーでの掘取 } りょう{#0000FF:[P:309] CHINESEのポテトディガーでの掘取 } りょう{#0000FF:[P:308] 畝の外向きに、CHINESEのリッジャーでハコベを削る } りょう{#0000FF:にんにく21grxb収穫 CHINESEのプランターで植え、 管理は鋤柄のカルチベータ、耕運機 ニプロのモーアで茎、雑草を粉砕、 畝の外向きに、CHINESEのリッジャーでハコベを削り CHINESEのポテトディガーでの掘取が成功、 -                            - } りょう{#0000FF:なお心配していた、 播種機植えの影響、多少あるが 合格範囲内 具体的には、茎が曲がった株の発生 これは10%未満 -                            -} りょう{#0000FF:にんにく21grxb収穫開始 モーアで上部を粉砕した後、ポテトディガーで掘る方法 リッジャーで浮かせた後、手抜きする方法、2種を試す ディガーにからむハコベを解決できない 明日は手順を変え、 ①モーアで粉砕後、 ②リッジャーで外向きに夾雑物を排除 ③浅めにディガーを使う とする -                            -} りょう{#0000FF:じゃがいも21ptyb、 ディスクリッジャーでの初期土寄せ作業終了 鋤柄機に較べればはるかに強力だったが 傾斜地の困難さを完全には超えられない -                            -} りょう{#0000FF:かぼちゃ21bnya播種、終了 当方最強のMF32hp故障のため、省力作付、 三菱D2000Ⅱ20hpでは限界の作業だった 非常対応としてはうまくまとめたと言って良い 本来の計算では、2500株程度だったが、 実際には1580に留まった、 Z圃場は今季断念 -                            - } りょう{#0000FF:2021/6/4再播種、その後揃い良し 高冷地かぼちゃ21bnya播種、本日、1400 明日180予定 -                            -} りょう{#0000FF:2021/5/9播種のビーツ・にんじん砕土不足か 畝として使えない個所が出る 2021/6/4再播種、ちょうどいい雨があり ビーツ発芽開始、期待できる状態 5月播きでは10日後に線として見える発芽になる必要がある 6月播きではこれが1週間となる -                            -} りょう{#0000FF:かぼちゃ21bnxb 古種区、ほぼ不発芽、 予措したバターナット20産種400粒で補植、 C級レベルの20年産は容認できる発芽率、 こちらも補う、 別に余った種を苗床に播く、50程 -                            -} りょう{#0000FF:かぼちゃの発芽 ダークホースは80%に達した バターナット古種は再播種になりそう 昨年採種分は、発芽開始、50%ほど 古種区を、300株ほど20産で再播種になる -                            -} りょう{#0000FF:リッジャー、最大幅のまま 角度を1段階開いて最大培土幅とし じゃがいもに入る、 このシャーシ幅では ジャガイモ培土には2段階しか使えないことになる 畝幅が広くなっている所では草が残り 鋤柄機をもう1回使うことになる 20インチという大きなディスクの能力は高いが、 うね線から逃がすためには、シャーシ幅が必要となる 既耕畑で、ディスクプラウとして試すが それなりに使える ディスクが重く、調整にはジャッキが必要 -                            -} りょう{#0000FF:[P:306] ディスクを最大幅でセット とりあえず、芋では使えた -                            -} りょう{#0000FF:[P:304] リッジャーでの 培土状況 -                            -} りょう{#0000FF:[P:303] 工場で組みあがったリッジャー -                            -} りょう{#0000FF:[P:302]} りょう{#0000FF:きゅうり21qcxb、40株移植 ビーツ21btxb、、にんじん21crxb発芽率悪く 一部再播種 ロワリンクピンが届いたので、 輸入リッジャーで、じゃがいも培土 4時間/2000m2鋤柄機に較べ、株元まで土が入る トップリンクも別途輸入品使用 -                            - } りょう{#0000FF:かぼちゃ21bnxb ダークホース700株 バターナット500株播種 にんにく、最終手除草終了、 あと残る作業は花茎欠き -                            -} りょう{#0000FF:ピーマン、21pmxb、140株 トマト21ftxb、17株、、移植、およそ60日苗 キャップ栽培 自家用スイカ、メロン計10株移植、購入苗 久々にトンネルをかける、10m -                            -} りょう{#0000FF:[P:297] 面積を測る・計算するといっても 現場は複雑 許容範囲内で把握するしかない グーグルは簡単に計算してくれる ただし、現場と一致してるかどうかは、 不明、とうや、21ptybは2130m2??} りょう{#0000FF:山のじゃがいも、とうや、21ptyb播種 播種機の部品を忘れ、深浦<>山を2往復する 開始は昼、、最後に、搬送チェーンのスプロケットのキーが脱落 3pリンクの抜け止めピンをたたきこみ、ビニールテープでとめ、 しのげた、 わずか2000㎡だが、播種作業を1日で仕上げたのは初めて 厳しい傾斜地で、昨年までは、降り方向のみの ワンウェイ耕だったが、今回は登りも植えられた -                            -} りょう{#0000FF:にんじん21crxb、播種、2row on,1ridge,260m@0.08m ビーツ播種後、雨、3mm程度、半日の日照で 播種可能となった ビーツとにんじんで合計850㎡ -                            -} りょう{#0000FF:10㎝の充電チェーンソーは強力だった、 ただし作動時間はごく短い、バッテリーを2個持って 風除けの杉に登って芯止め作業を1時間 片手で樹につかまったまま、左右の手で切れる 実際の稼働時間はたぶん2個で15分程度かもしれないが -                            - } りょう{#0000FF:レタス21lcxb、3枚植え終る} りょう{#0000FF:トマトなど果菜類マルチング、170mほど、1.35mフィルム ビーツ21btxb、播種、2row on,1ridge,380m ティラーに均平板追加、 -                            -} りょう{#0000FF:前回のディガーは書類上400kgということで 軽トラックには載せられないと秋田海陸運送の職員が言い張った あくまでも法に従うとのこと そう、軽トラの積載制限は350kg、と道交法に、 しかたなく、梱包から重そうな部品を取り出し、 自転車屋さんを見つけ、事情を話し、預け 取って返して、本体を積み、自転車屋に寄り、部品を積んだ で、私は重量オーバーをしたのか? 工場では製品の重量を秤っていない、 コンテナに詰めた業者も秤からない、 秋田海陸運送も計量しない、私にも秤はない しかし、組立てみて、手で移動するとなんとか動く 実重は1台150kgないと推定、、、2台でせいぜい300kg 30mmのアングルで組んだコンテナもせいぜい20kgにとどかない -                            - } りょう{#0000FF:リッジャーが秋田港に到着、開梱は明日、 Storage fee freeの期間は1週間 150kg 、1m2とのこと 容積・重量ともに切り上げてあるようだ。 -                            - 今回も秋田海陸上げ この容積・重量なら軽トラックで問題ないだろう } りょう{#0000FF:耕運機のタイヤはバルブ不良だった、 コアを交換してもだめで、チューブを取るかと思ったが ビードまで外れてしまい、中にはチューブがなかった、 バルブの新品を内側から入れ、ペンチでひき上げ 空気を入れたが、溜まらず、グリスを塗り、 ハンマーで叩いているうち、ビードが上がってきて、 一件落着、、、 -                            -} りょう{#0000FF:本日、Rigger、秋田港でDevan 引取りは、来週月曜月曜? -                            -} りょう{#0000FF:5/3倒壊ハウスから救い出した、耕運機 タイヤ、パンクか? ポータブルの空気入れも不調、 にんにく条間、中耕、耕運機幅にぎりぎり 機械播種のため、条間はそろい、全条間可能 -                            - 5/2レタス1枚植える、30日苗、 温床から出して置いたためか、硬く植えやすい} りょう{#0000FF:今季、最初のマルチング、、レタス21lcxb 25年使って一見スクラップ状態の鋤柄マルチャー スルスルとかかる 苗は30日過ぎてしまい、焦っていたが機材の整備に 手間取っていた 近くのホームセンターで臨時に買ったフィルムのマークが @0.3mでこれも最適 -                            -} りょう{#0000FF:倒壊ハウス、解体開始、 グラインダーに中国製のカッティングディスクを取付て パイプを切断、最初、5ヶ所/枚くらいだったが、 慣れたら、10ケ所ほど切れるようになった、 電源は、80mのコードを作り、使用。 畑全域で電動工具が使用可能となった。 -                            -} りょう{#0000FF:x圃場、元肥施用終了 -                            -} りょう{#0000FF:[P:295] このスプーンで、ほぼ100%送れた よって「自動播種機」と改名} りょう{#0000FF:[P:294] 青線が補強すべき構造 5x30mm位のフラットバー溶接? ワイヤーをターンバックルで張る?} りょう{#0000FF:[P:293] ペレットタイプの鶏糞で施肥器をテスト 全開で15kg、1袋が200m程度 この施肥量は当方のN値5.6%の鶏糞では足りない 化成肥料なら足りる量ではないかと思う? } りょう{#0000FF:[P:291] 組立中の駆動輪スプロケット この歯間に土が詰まり、チェーンがスリップ 圃場の砕土が深すぎ、駆動輪が もぐり込んだことが原因 既に一定の耕深で砕土済だったので、 やや浮かせ気味に使い今回の作業終了 チェーンテンションを張る機構は不備} りょう{#0000FF:[P:290]   ==> 横から見た、単純な片持ち構造 ここが、しなるようで、 作業中、ラッシングテープ 後部に引っ張り補強  ↑  ↑ 本格的には、フラットバー等で、 3pリンクに対抗する構造を溶接すべきだ} りょう{#0000FF:[P:288] 3ポイントリンケージ部 トップリンクステーが シャーシに対し、柱を立てた構造} りょう{#0000FF:[P:287] 種タンク底部穴を片面ブチルテープ(日東電工製)で せばめた、この程度で充分} りょう{#0000FF:[P:286] 外向きの翼を撤去 次の条行程へ土を送らないため} りょう{#0000FF:[P:285] デフォルトの培土版 両翼} りょう{#0000FF:[P:284] 鎮圧ローラーの具合もまあまあ 土の付着を防ぐためローラーの塗装を厚くするべきか? バネのピンを1本撤去 畝幅はトラクターの輪距} りょう{#0000FF:[P:283] 現販売中のポテトプランターの1台目 自家用として使用、 アシスタントが小柄なため、サドルは外した 駆動輪位置がトラクターより離れていて 意外と直進性が良い} りょう{#0000FF:今朝、今年最初の鴬が鳴いた にんにく21grxb追肥、0.2kg/m2 255 kg じゃがいも21ptxa元肥0.4kg/ m2 900kg T4HH12200rpm ペレット鶏糞 N値が5.6%になり、 1.8mのライムソーワ満杯で200m以上(畑2往復)可能となった 引続きじゃがいも畑を耕すが、雨 MF32深度3、M2速2000rpm -                            - } りょう{#0000FF:[P:281] お示しした図} りょう{#0000FF:[P:280] ポートランド検品図} りょう{#0000FF:MF32始動系統不調、クボタに見てもらい解決 X圃場、耕起開始、後雨 ファンベルトの緩みも発見、 張るには、タイヤレバーなどを使うこと -                            -} りょう{#0000FF:レタス、2枚播種 1枚目は、順調 -                            -} りょう{#0000FF:[P:278] 完成し、配送手配したとの通知あり ""Hello, the ship has been ordered, you need to entrust a freight forwarder to help you clear customs and pick up the goods"" =「船は注文した、代理業者を頼みなさい」 ""shipment""でしょ、船も欲しいけど 国内のメーカーが、細かいオプションに 応じてくれるのだろうか? チャットができるプラットフォームで、画像見ながら 英文で話し合い、その場決済できてしまう 種の問合せをするのに、おぼつかない英作文をして、 手書きで航空便使って送った時代から25年 受注生産のようで、これが送られてくる らしい??????? 転倒しないようステーが付属 -                            -} りょう{#0000FF:[P:277] ディスクのシャンクを2本のコ型ボルトで締めている 鋤柄の三兼機は、ボルト1本で締め付ける固定↓ -                            -} りょう{#0000FF:[P:271] -                            - 鋤柄機 特製の角パイプのツールバーに、ロ状の部品をかぶせ 1本のボルトで締め上げて固定 使っている内、角パイプはつぶれ ロ型金物は開き、ガタが生じてしまう} りょう{#0000FF:[P:270] -                            - 注文に成功した、Ridger } りょう{#0000FF:日産自動車の創業者が、 鋳造品を鍛造する技術を米から導入したとのこと 鍛接はForge weldingと訳される F6Fを作ったグラマン鉄工所を思い出した -                            -} りょう{#0000FF:[P:268] 国際標準品、ボルト径28mm 鋳造で軸付リングを作り 鍛造で整え、ネジを切る??という高度な加工を しているのなら?、高価なのも仕方ない} りょう{#0000FF:国産?溶接ボルト、、径22mm 完成品のボールエンドとボルトを溶接している [P:267]} りょう{#0000FF:農業機械の部品を深く探索しているうち、先進国であったUSAで 「規格」が作られているらしいことが判ってきた。 Linkageの規格はCATEGORY0~3で定義され 国内規格はこれの翻訳版で日農工規格 さらにこれがJISに移行したらしい かっては生産国であったようだが、現在はハブ機能 国産トラクターのウォーターポンプが、地元代理店より 安く買えるという不思議な現実がある 国内の大手も、多くの部品は輸入しているのではないか? ウォーターポンプ、クラッチなど、外国メーカーと共通? ニプロは、イタリア規格のVベルトを使っているとうそぶいた。 型番はJISと共通だそうだ!!だからニプロから純正品をとれと、 半製品輸入して、ペンキ塗って売ってるのか? 培土ディスクなど、中国で米規格をもとに作られている? 微細な発見だけど、3Pリンクのピンの中に インドネシア製らしき記述があった。 シンガポールコネクション?? トラクターとしては汎用の19mmピン、かっては高価で 農機具屋に注文して買ったが、 今はホームセンターで500円以下で売られている。 -                            -} りょう{#0000FF:トマト、フルティカ 18株 21ftxb ピーマン、京波 156株 21pmxb レタス、早生サリナス、200株、21lcxa 育苗播種 -                            - 何年ぶりだろうか、播種をやったのは } りょう{#0000FF:USAヤマトを使うと、非常に高くつくことが判明、 しかしお約束はお約束です、 事前に決めた代金しか、いただきません ↓USAからの宅急便、一般料金 https://www.yamatoamerica.com/cs/international-ta-q-bin/international-ta-q-bin/ -                            -} りょう{#0000FF:画像をクリックすると、 画像自体の原寸表示が別窓で表示されるようです またその表示が、私のPCでは、ほぼ実寸サイズになります -                            -} りょう{#0000FF:調整可能なナットタイプ 7/8 "ピン直径22.2mm 5/8 "NFネジ径 15.875mm 1-3 / 4 "使用可能な長さ44.45mm・ロアアーム側の幅? 4-1 / 2 "120.65mm全長 -↓                           -} りょう{#0000FF:[P:265]} りょう{#0000FF:[P:263]} りょう{#0000FF:要望のあった、ピンを捜し回って ↓の絵の製品発見、 ただネジ部と、差し込み部の径が入れ替わっているようで 問合せ中、、、初めて見つけた小売店、 会員登録もうまくできない、、、 -                            -} りょう{#0000FF:[P:260]} りょう{#0000FF:カテゴリ0(5/8”インチ15.875mm作業機)> カテゴリ1(ロワアームのピン穴22.2mm7/8”インチ) は発見しましたが、全長4-1/2インチ、114.3mmです -                            -} りょう{#0000FF:土寄せディスク=hilling disc のサイズを向こうは 510mm と表現、私は20inと理解、、、 事前にUSAサイトでインチ表示のものを検討していたから -                            -} りょう{#0000FF:中国のメーカーに注文する時は英文でチャットをする 私は読めるが、単語のスペルもわからないから、書けない 日文をグーグル翻訳に打込み、英文化してペーストする サイズはメートル法を使っているが、一部はヤードポンド -                            -} りょう{#0000FF:[P:258] 日農系のこの図の19㎜が6/8” 22㎜が7/8” 建設・土木では長さは㎜で書くのか標準 mmで表記すれば、桁の , や小数点の . はほぼ不要だ -                            -} りょう{#0000FF:カテゴリがわからないと注文できない category1は、CAT1と表記され 寸法は 1-2/8” などと書かれている -                            -} りょう{#0000FF:USAでインチで定義された Three Point Hitch が 輸入され日農でメーター法に翻訳され、流通 更に日農はこの規格をJISに譲ったようだ -                            -} りょう{#0000FF:Three Point Hitch ロワリンクのピンが届いたので、出品、 トラクタに作業機を取り付けるのには 3Pリンクヒッチを使うが、元々USAで規格された体系 規格はインチで定義されている まだこの規格の原文には遭遇してないが、 トラクタの馬力により0~4のカテゴリに分けられるようだ 鋼材やワイヤなども国内JISはインチ系の寸法を翻訳したものだ 1/2”≠13㎜ 5/8”≠16㎜ 6/8”≠19㎜ 7/8”≠22㎜ 1”≠25㎜ 1-1/8”≠29㎜  1-2/8”≠32㎜ 今日は 1-1/8” という表示を㎜に換算するテーブルを作った 世界はメーター法に統一されつつあるが、 USAの商業表示は、ヤードポンドだ -                            - } りょう{#0000FF:[P:256] 元々6条機を、チェーンをはずして2条機として使用 条間-ピッチも、既成の0.2mX0.15mのまま 種はただ落とすだけだから向きは垂直になっていない この後どういう結果になるか? -                            -} りょう{#0000FF:機械播種で、深植えになったためか、年内一斉発芽」 にならなかったニンニクが、発芽揃いとなった 本年初のトラクター使用、鋤柄で土寄せ」作業 -                            -} りょう{#0000FF:栽培中の土寄せには、鋤柄機を使用してきたが アリババでディスクタイプを注文、 510㎜=20inの大きなディスク付 インチという単位にも慣れた、 だいたい農機具の名称がわからなかった 最終的に「DISC RIDGER」という名称での発注となった DISC HILLERとも言うようだ 米では、シャンクが上下でき、角度も可変タイプ 中国ではシャンク(柄)高は固定、角度は可変 トラクターの部品の多くは米で生産されているようだが ディスクは中国で生産されているようだ 国産にはこういうタイプの製品はない 鋤柄のマルチャーのディスクはベアリングが使われていない 長く使うと、軸が磨滅してガタが出る ビールのアルミ缶を材料に、円筒に丸め、軸にかぶせる 簡単な自作ベアリングですが、以降土寄せが安定した -                       -} りょう{#0000FF:[P:254] xp-365b ラベルはインクジェットを使い A4用紙で刷っていたが、耐水性の問題があった 機体は安いがインクも使うわけで、もっぱら互換を使う 給紙、作動までの時間なども面倒 サーマルプリンターは高価で手が出なかったが これは6000円、、ブラザーの物の半値以下 ただ説明書が中文、ソフトは英文 位置調整がわからず、ラベル用紙400枚ほど無駄になった 苦闘のすえ解決、、優れた自動機だった 発送ラベルには別の機種を使ってるが こちらも好調、インクプリンターに較べ、 1データ毎に刷れるし、起動の早さも大満足 -                            -} りょう{#0000FF:[P:253] ユーチューブで見て注文した充電チェーンソーが届いて 細い薮の処理に使い始めた わずか100mmのガイドバー あまりに小さいのだが、手ノコに較べたら圧倒的 枝剪定用の小型エンジンチェーンソーが出た10年前 5万ほどだったようだが、樹に登って使うには 限界の重さだった これは華奢だが、1/10の価格 -                            - } りょう{#0000FF:高温処理をして強休眠に入らせても 土壌に植えれば、休眠は容易に解けそう -                            -} りょう{#0000FF:貯蔵ニンニクの早期発根について調べていて 貯蔵予措として、高温処理というのがある との文献がありました -                            -} りょう{#0000FF:定説である「ダーウィン主義」に逆らって失敗した代表例 「ルイセンコ主義」は有名です 春化処理Vernalizationは、また別ですね しかし、春化処理とニンニクの塔立ち、関係ありそうです -                            -} りょう{#0000FF:育種学というのがあるのでしょうか? 遺伝子操作の種子は流通できないようになってるはずで 野菜種子あくまで交配なんだろうと思ってます じゃがいもは花を咲かせて交配とか聞いたような 果実は、交配種のクローン=枝取、接ぎ穂栽培 ミュータント(突然変異)のクローン -                            -} りょう{#0000FF:四国もニンニクの産地ですね、 1、中身が入っていない」というのは、いわゆる「皮」だけあって中が 無いということでしょうか? そのような症状、当方では発生していないようです、 2、品種によっても違いがあるのでしょうが、1片だと思って 植えた種が、実は2片で、芽が2本たってしまう例、けっこうあります 当方は福地系を自家採種のみで栽培、福地は6片が基本ですが 種バラシの時、4や5片に見えるものの中で、特に大きい片は皮をむいて 確認しています、裸にむいた種でも特に問題はないようです かといって調理するときわかるのですが 小さな片のも、2胚のものがあります ひょうたん状に、球の上に小さいのが付いているタイプ 上まで出ずに、球の中に留まっているタイプ 異形の片が球の中心にできてしまうタイプ、などがありますね 2次成長といえるのでしょう、 親と子の世代がはっきりしない植物 これらが伸びるとムカゴになると思っています いや、ムカゴにまで伸びることができなかった個体が、 と言えばいいのでしょうか ユリ科、特にネギ近縁は、花とムカゴの分化がはっきりせず ニンニクの品種によっては、ムカゴが出来ず、花が咲くものもるようです ネギの品種には、ヤグラネギとかいう、穂発芽するらしいのもあります で対策と問われても困ります。 自家採種で続けていますが、強い淘汰はやっていません 形状を選んで植えても、元々クローン栽培 DNAは同じだと考えています。 異形は、その個体かぎりの獲得形質との考えかたに基づいています 長らく小さいものしか収穫できなかったのですが 施肥タイミングで、けっこう大玉も採れるようになっています そういえば2次成長的な形状が少なくなったような気もしますが 統計をとっているわけでもなく、あくまでも印象です -}