設定変更

 メール投稿

アバター

サイズ

特殊な投稿

画像投稿

ファイル投稿

アンケート投稿

ダイスロール

メッセージが届きました(ここをクリックで表示)
通常投稿の通知音
ボリューム :
重要投稿の通知音
ボリューム :
お知らせの通知音
ボリューム :
メッセージの通知音
ボリューム :
入室時の通知音
ボリューム :
退室時の通知音
ボリューム :
キーワードの通知音
ボリューム :

ニックネームは、〇〇サポ(〇〇はJリーグのチーム名)と入力して下さい。
例.セレッソ大阪サポ 大分トリニータサポ など
  または、ベルサポ、フロサポなどの略、雷鳥サポ、山神サポなど愛称も可。

J2,J3,JFLのチームも可です。

どんな雑談も基本はOKですが、荒らし、他サイトへの誘導、宣伝はご遠慮下さい。

アバターは、なるべくチームのエンブレムにして下さい。サイズは56×56(デフォルト)にして下さい。

Be enjoyed!

会話中

取り込み中

退席中

食事中

電話中

移動中

お手洗い

お風呂

おやすみ

隠密行動中

    名前をクリックすると、メッセージを送信出来ます。











    他のチームのチャントも随時更新予定。
    毬サポおじゃましましたあ 毬サポ3点目は宏太の得点にしてあげてもよかったようなw 毬サポ今日のFC東京戦は、紙一重でこっちに風が吹いて、幸運でしたあw 毬サポこんばんは 山形山神サポよろしくお願いします ベガサポ {48:{#FF0000:道渕の逮捕報道}} Jリーグは20日、臨時実行委員会を開き、終了後にオンラインで会見を行った。 新型コロナウイルスの感染対策ガイドラインを改定した。アルコール飲料の提供が10月30日から容認された。また来季の開幕前キャンプについて、基本的には1人1部屋とし、部屋間の往来を禁ずることも決定した。 またコンプライアンスに関する複数の案件が共有された。 J2アルビレックス新潟で起きた酒気帯び運転などの事案につき、社長から総括、謝罪などがあったという。 またJ1ベガルタ仙台のMF道渕諒平(26)が交際していた女性に暴行し、9月7日に傷害容疑で逮捕されていたと週刊誌で報じられ、20日付で契約解除になった。これについても委員会内で報道内容の共有がされた。事実の把握等はこれから進めていくことになるという。 Jリーグ側には仙台から情報がもたらされていたという。その後、示談の形で解決したという報告まで受けたことから、終結したという認識だったという。事実の把握等は引き続き、進めていくことになるという。 会見に出席した村井満チェアマンは仙台の件を受けて「プライベートな内容だが、選手は社会的に公的な存在であることを考えれば残念」とした。また「コロナ禍でリーグクラブの役割は希望の存在になると誓ってきた。期待を裏切る結果となり非常に残念。絶対に繰り返されないよう啓発など繰り返していく」と話した。 マリサポ第21節横浜ー大分、激しい雨が降る中、試合はF・マリノスのキックオフで始まった。難しいピッチコンディションにもかかわらず、F・マリノスは早く激しく動いて、いつものようにハイプレスをかける。これに対して大分は、粘り強くつなぎながらロングボールを用いてセカンドボールの回収を狙う展開。  序盤、両チームともチャンスをつくれなかったが、10分を過ぎるとF・マリノスがコンビネーションを交えて形をつくり始める。11分、松田が右サイドでボールを奪い、和田がジュニオール サントスとのワンツーで抜け出してクロス。14分にも和田は松原のパスで右サイドの裏を抜けて折り返しのボールをゴール前に送る。その1分後には左サイド、ティーラトンが深いところからクロス。そして24分、オナイウのミドルシュートがクロスバーをこえたところで飲水タイムに。  再開後も、F・マリノスが大分陣内にボールを運ぶ。30分、素早いスローインからジュニオール サントスが右足シュートでCKをゲットすると、33分には高い位置でボールを奪って天野がフリーでシュートの好機。相手GKの位置を見て右足でフワリと浮かせたが、GKにキャッチされた。  アディショナルタイムは2分、47分に松田がペナルティーエリアに侵入して右足を振り抜いたが、ワクを捉え切れない。前半、得点シーンは生まれず0-0で。後半8分・ジュニオール サントスがボックス内で仕掛けて至近距離から左足シュート。そして10分、ティーラトンの鋭いクロスを相手DFが弾き返したボールを松原が左足ボレー。ボールはゴール右へ決まった。先制したF・マリノスは、さらに10分後。パスを受けたジュニオール サントスがボックス手前から右足でコントロールショットを放つと、ボールは鮮やかな弧を描き右スミに飛び込んだ。ジュニオール サントスの今季8得点目で2-0に。  リードを広げたF・マリノスは21分、交代カードを2枚切り、水沼とエリキを投入。すると30分、エリキがカットインから右足一閃。鋭い一撃はゴール左に吸い込まれて3-0となる。この1分後には扇原とエジガル ジュニオがピッチに送られる42分、その後エリキはドリブルから鮮やかにフィニッシュ。 マリサポルヴァンカップ準決勝、横浜ー柏、前半4分・ティーラトンのグラウンダーのクロス、5分・エリキのラストパス、7分・リバウンドを小池がミドルシュートと攻勢を重ねる。  しかし10分に柏が反撃、ロングパスからオルンガが持ち上がりCKをゲット。11分、この左CKからヘディングシュートを合わせられ、先制点を奪われた。  追いかけるF・マリノスは焦らずボールをつなぎ、両サイドを使いながらチャンスをつくる。23分には小池が強烈なミドルシュートを見舞ったが、GKの好セーブに阻まれた。  飲水タイム後も、柏陣内へF・マリノスが攻め込む流れが続いたが、31分・浮き球からの前田のシュートも、39分・同じくワンツーからの前田のシュートもネットを揺らすことができず、1点ビハインドのまま前半を終了 1点を追うF・マリノスは、序盤から左サイドを起点に怒涛の攻撃を仕掛ける。5分、ティーラトンの横パスに走り込んだ扇原がシュート。6分、マルコス ジュニオールが左クロス。10分、11分にも左サイドを崩して柏ゴールを脅かす。しかしゴールシーンは生まれない。  攻めあぐねるF・マリノスは18分、最初の交代カードを2枚切り、両ボランチを下げてエジガル ジュニオと天野の2枚を送り出す。25分には柏FWオルンガのクロスバーを叩くミドルシュートもあったが、その後もF・マリノスが柏を圧倒する。  28分・3人目の交代で、前田が下がってオナイウがイン。すると2分後に、オナイウがクロスからの浮いたこぼれ球をボレーシュート。32分にはティーラトンのクロスからエリキがヘッドで合わせたが、GKのビッグセーブに阻まれる。36分、CKの流れからマルコス ジュニオール、畠中とつなぎ、最後はエリキがゴールに押し込んだが、これはオフサイドに。38分、足を痛めたマルコス ジュニオールが交代し、水沼がピッチへ。  F・マリノスの攻勢は続く。しかし38分・エジガル ジュニオのシュート、39分・オナイウの一撃も、懸命に守る柏ディフェンスにブロックされる。 ベガサポ明治安田生命J1リーグ 第20節 仙台vs札幌 前半25分 失点 後半2分 分厚い攻撃が得点を生み出す。スルーパスに走り込んだパラがペナルティエリア左のゴールライン際でうまく粘り、ペナルティエリア左へ折り返すと、反応した浜崎が左足でダイレクトシュートを放つ。ここはキムミンテに体でブロックされるが、こぼれ球に反応したAゲデスが左足で押し込む 後半5分  パラのパスを受けた関口が左サイドの敵陣深くで縦へ突破すると、ゴールライン際からふわりと浮かせた正確なクロスを供給。すると、反応したAゲデスがうまくポジショニングを取り、力強いヘディングシュートをゴール中央にたたき込む。後半開始からの猛攻が実を結び、逆転に成功する 後半12分 キッカーの浜崎が右足でインスイングの鋭いクロスをニアサイドへ供給。すると、反応したのは平岡。相手のマークを振り切り、頭で触ってボールの軌道を変えると、中野小は反応し切れず、ネットを揺らす。2点差とし、リードを広げる 後半14分 失点 後半16分  失点 試合終了。3-3で引き分けに終わった ベガサポアバター登録お願い。 ベガサポ>>65OK 山形山神サポ入っていいですか? モンテディオ山形よろしくお願いします マリサポ第20節横浜ー神戸、幸先よく先制したF・マリノスだが、5分後の8分にカウンターからドウグラスに裏へ抜けられて同点ゴールを奪われてしまう。さらに11分、ボックス内のファウルでPKを献上。これをイニエスタに決められて、1-2と逆転を許した。  約10分間で3度のゴールシーンが見られるというエキサイティングな展開となったが、その後はF・マリノスが早いパスワークから両サイドを有効に使って神戸陣内でゲームを進める。18分・ティーラトンのクロスをエリキがヘッドでつないでエジガル ジュニオがシュート。その1分後には渡辺のクロスをマルコス ジュニオールがヘディングシュート。  飲水タイム後もF・マリノスの攻勢が続く。30分・渡辺のミドル、33分・エリキのクロスからエジガル ジュニオのダイレクトとシュートを連発するが、いずれもクロスバーを越えた。  その後も神戸陣内で多彩なオフェンスを展開するF・マリノスだったが、フィニッシュには至らず、前半を1点のビハインドで折り返す。 F・マリノスは選手交代なし、神戸は1人交代して後半が始まる。1点ビハインドのF・マリノスだったが、11分にカウンターアタックから神戸に追加点を与えてしまう。  2点を追いかけるF・マリノスは、多彩な攻撃から神戸陣地へどんどん攻め込む。13分・扇原が左足ミドルを狙う。16分・扇原の左クロスをエジガル ジュニオがヘッドで合わせる。さらに1分後、ティーラトンが強烈な左足ミドル。しかしフィニッシュには届かない。 40分、F・マリノスは渡辺と和田を下げて、大津と水沼を送り出す。その後も相手陣地へ攻め込むが、得点は生まれず5分のアデショナルタイムに。そして48分、怒涛の波状攻撃を繰り広げ、ゴール前で立て続けに4本シュートを放ち、最後に小池が右足一閃。ゴール左上へねじ込んだ。  だが、追い上げもここまで。最後は扇原の左クロスから前田がドンピシャのヘッド。しかしボールはGKの正面に飛んで、直後にタイムアップ。シュート数26対3と圧倒しながらも、9月13日のC大阪戦以来となる敗戦を喫した。 マリサポ第25節横浜ー鳥栖、 F・マリノスは交代カード切り、松田を下げてエリキを投入して後半スタート。1分・エリキが鋭いクロスを入れたが、4分・左CKからクリアボールを拾われて先制点を与えてしまった。6分にも左CKからゴール正面でシュートを打たれるピンチ、しかしここは梶川が見事にストップ。  10分・大津のクロスをエリキが折り返し、ジュニオール サントスが合わせたが、シュートがミートせず。その後は扇原を起点に左右にパスを展開して相手DFを揺さぶるが、決定機には至らない。  やがて試合はこう着し、両チームのベンチが動く。19分は鳥栖が2枚代えを行い、24分にはF・マリノスが和田と前田を下げ、エジガル ジュニオとマルコス ジュニオールを送り出す。30分には鳥栖がDF2選手をピッチへ投入し、ディフェンスを固めた。  懸命に攻めるF・マリノスは34分、ジュニオール サントスが縦パスを送り、エリキが走り込んで左に流れてシュート。そして39分、その1分前の交代で出場した天野がパスカットし斜め前を走るエリキへつなぐ。スピードに乗ったエリキは、ボックス内に侵入し、左足でゴール左スミへ流し込だ。  エリキの6試合連続ゴールで追いついたF・マリノスは、さらに鳥栖ゴールを襲う。43分・左FKをマルコス ジュニオールが蹴り、そのこぼれ球に反応した喜田が、パンチのある一撃を見舞う。しかし、これはわずかに左外へ。  5分のアデショナルタイムに突入。48分・エリキの浮き球のクロスをマルコス ジュニオールが受けたがトラップが大きく、シュートに持ち込めず。47分・大津のシュートも相手DFにブロックされる。そしてタイプアップ。1-1の引き分けで連勝は「4」でストップ。  マリサポ第19節柏ー横浜飲水タイム後、柏も反撃し互角の展開に。激しい球際の争いから、早い仕掛けを応酬し合う。相手にチャンスを与えていなかったF・マリノスだが40分、柏のゴールゲッター、オルンガにCKからのヘッドで先制点を許してしまった。  追いつきたいF・マリノスは、すぐに相手陣内のボールを運ぶ。そしてアディショナルタイム(4分)へ。46分には右サイドで松原・小池に喜田も加わりコンビネーションプレーを披露するも、決定的なシーンには結びつかない。前半、1点のビハインドで終了。 後半、飲水タイム後もF・マリノスが攻勢に立ち、スピーディーな攻撃で柏陣内に攻め込む。28分、渡辺のスルーパスで抜け出したエリキの右足の一撃は左外へ。そして32分、ゴール前の混戦から素早い動きでルーズボールを拾った仲川が、右へ並行のパスを送る。それをエリキが右足で合わせて、ゴール右スミに決め同点に。エリキは、これで5試合連続得点。  さらに82分、素早いリスタートから、小池が縦パスをエリキに通す。エリキは中へ走り込む仲川へ鋭いパスを送ると、柏DFがオウンゴール。逆転に成功した。その直後、4人目の選手交代で和田を送り出す。  アディショナルタイムは5分。47分、左サイドから仲川がファーへ速いクロスを入れ、前田がそこへ詰めて追加点をゲットし3-1に。最後の選手交代ではエジガル ジュニオも投入してゲームを締めくくり、4試合連続3得点の破壊力で、今季初の4連勝を達成した。 ベガサポJリーグ第19節 {#FFFF00:仙}{#0000FF:台}🆚{#FF00FF:C大阪} 折り返し地点を過ぎた明治安田J1。どのチームも前半戦でつかんだものを2巡目の対戦で生かしたいところだが、ベガルタは、調子を落としている現状から脱出するきっかけをつかめるか。 ベガサポ{#FFFF00:前半9分 道渕が右サイドからドリブルで駆け上がり、ペナルティエリア内へ進入して縦パスを出す。Aゲデスが反応するが、わずかに合わず、GKに処理されてしまう 前半26分 右CKを獲得。キッカーの浜崎が右足でクロスを供給する。ゴール前で平岡が頭で合わせるが、枠をとらえられない 前半33分 西村がペナルティエリア左角付近でボールを受けると、相手の守備が整う前に早めにシュートを放つ。だが、キムジンヒョンにはじかれてしまう} {#FF00FF:前半44分 柿谷が左サイドの敵陣深くから左足でクロスを入れると、Bメンデスがニアサイドに走り込み、ヘディングシュートを放つ。ゴール左下に吸い込まれ、セレッソ先制。} {#FFFF00:前半47分右CKを獲得。キッカーがクロスを上げるが、中央の味方には合わない。こぼれ球をパラが拾い、ペナルティエリア手前の左から左足を振り抜く。しかし、DFに頭でブロックされてしまう 後半11分 道渕がペナルティエリア左から折り返すと、DFにブロックされて左CKを獲得。キッカーの浜崎がインスイングのクロスを入れると、2人の相手に当たって軌道が変わり、最終的にはキムジンヒョンに処理されてしまう 後半12分} ★''{#FF0000:G}{#FF8000:O}{#FFFF00:O}{#80FF00:O}{#00FF00:O}{#00FF80:O}{#0080FF:O}{#0000FF:A}{#8000FF:L}{#FF00FF:‼}''★{#FFFF00:パラが平岡からパスを受けると、前を向いてペナルティエリア左角付近から左足でアウトスイングのクロスを入れる。西村がニアサイドで反応し、足で合わせる。反応したキムジンヒョンには止められず、ボールは枠の右下に吸い込まれる 後半22分 西村がファウルを受けてPKを獲得。キッカーは西村。} ★''{#FF0000:G}{#FF8000:O}{#FFFF00:O}{#80FF00:O}{#00FF00:O}{#00FF80:O}{#0080FF:O}{#0000FF:A}{#8000FF:L}{#FF00FF:‼}''★{#FFFF00:右足で枠の中央に突き刺し、逆転に成功する} ベガサポ{#FFFF00:後半32分 敵がペナルティエリア左角付近から左足でクロスを入れるが、DFがブロック。こぼれ球に木本が反応し、ペナルティアーク付近からシュートを放たれる。しかし、Jスウォビィクが好キャッチを魅せる。} {#FF00FF:後半37分 右CKを獲得。キッカーの清武が右足でアウトスイングのクロスを供給すると、ペナルティエリア中央でマテイヨニッチが反応する。相手に競り勝って打点の高いヘディングシュートを放ち、ゴール左下に押し込む 後半46分 小池が左サイドでダイレクトの縦パスを出すと、清武がペナルティエリア左脇で受ける。中央へ切れ込み、ペナルティエリア左角付近から右足を振り抜く。美しい弧を描いたシュートは、反応したJスウォビィクの頭上を越え、ゴール右に吸い込まれる} 試合終了。{#FFFF00:仙台2}-{#FF00FF:3C大阪} 仙台、またも敗戦。連敗は続いている。 ベガサポJリーグ第18節 {#0000FF:横}{#FF0000:浜}🆚{#FFFF00:仙}{#0000FF:台} きっ抗した中、先制したのはベガルタ。高野 遼のパスミスをさらったアレクサンドレ ゲデスがボックス右外から右足を振り抜くと、ファーポストの内側を叩き、枠内に収まる。 しかし横浜FM、反撃に出る。高野やジュニオール サントスがフィニッシュに持ち込むが、ネットを揺らせず。21分には扇原 貴宏のパスに抜け出した高野が強烈なシュートを放つが、これもサイドネット。飲水タイムを境に横浜FMのハーフコートゲームの様相を呈する中、41分、とうとうゴールをこじ開ける。ジュニオール サントスのポストプレーからエリキがクロスでつなぎ、マルコス ジュニオールがしっかり枠内に収めて同点に追いつく。 後半開始と同時にベガルタはジャーメイン 良に代えて、道渕 諒平を投入し、前線の運動量を活性化させる。53分までに三度のCKを得るが、これらのチャンスをモノにできない。 すると横浜、敵陣左サイド深くでジュニオール サントスがボールを奪いクロスを送る。一度は仙台DFがカットしたものの、そこに猛然と走り込んだエリキがボールを奪い返し、左足でねじ込んで逆転に成功してしまう。その5分後には3点目も生まれてしまった。 このまま試合は終了。 仙台は4試合ぶりの先制点を生かせず、5連敗となった。 マリサポ第18節横浜-仙台、前半10分、F・マリノスペースでゲームは進んでいたが、自陣でのつなぎのパスを取られる。そして相手FWの遠目からのシュートがポストに当たってネットイン。F・マリノスは先制点を与えた。飲水タイム後、F・マリノスのハイライン、ハイプレスが機能して相手陣内での時間が続く。そして41分、ジュニオール サントスからエリキがボールを受けてクロス。これをマルコス ジュニオールが右足でうまく流し込み同点ゴールをゲット。前半は1-1のタイスコアで折り返す。 後半25分、ハイプレスから左サイドでジュニオール サントスがボールを奪い、マイナスのパスをゴール前へ。ボールはDFに当たるもすぐにエリキがカットして、左足を振り抜く。ゴール左に突き刺さる一発で2-1と逆転。 さらに30分、カウンターからジュニオール サントスが抜け出しラストパス。これをエリキがフィニッシュ。エリキの4試合連続、今季7点目の得点でリードを2点に広げた。 ベガサポFC東京戦で仙台は、今シーズン初めての3バックを採用した(これまでは4-4-2、4-3-3)。3-4-2-1に近いイメージなのだろうが、実質的には5-2-3だった。FC東京の勢いに押され、バックラインがずるずると下がってしまう。前線が孤立し、中盤にスペースが広がり、ペースを与えることになった。戦線がだらりと伸びた形になって、満足にボールがつながらず、長いボールを蹴っては明け渡していた。 「最初の15分の入り方が大事」  それがFC東京陣営の合言葉だったという。事実、彼らは強度の高いプレスで押し込み、仙台に攻め手を与えていない。戦略だけでなく、技術的にも、士気の高さでも上回った。  そして13分、仙台は敵陣に入りながら、バックパスをかっさらわれ、そのままカウンターを発動されてしまう。シマオ・マテが必死に敵選手を潰すが、クイックリスタートで一気にラインを破られる。そして三田啓貴がGKと1対1となり、なす術はなかった。  結局、この1点が勝負を分けた。そして両者の差を象徴するシーンでもあった。チームとしての練度、集中力の高さ、勝負に対する抜け目のなさなどが集約されていた。  仙台にとって深刻なのは、戦いの中で不具合を自ら修正できなかった点だろう。前線とバックラインは間延びしたまま、中盤は数的不利にさらされ続け、無理して入れた縦パスはインターセプトを狙われた。 「ワイドにボールを入れる」  仙台はそれを攻撃のお題目に掲げていたが、中盤が数的不利でテンポが作れず、サイドが空くはずはない。シャドーに入った関口訓充が奮闘し、ボランチの椎橋慧也がラインを破るパスを見せたものの、どれも単発でゴールへの必然性は乏しかった。  しかし後半10分前後から、仙台は主導権を握っている。リードしている心理と連戦の疲れも出たのか、FC東京がラインを下げたのである。結果的に、仙台は3人の前線が相手ののど元に突き刺すナイフのようになって、そのままチーム全体が差し込むことになった。攻める時間が増え、何度か決定機もつかむ。敵陣でのセットプレーも多く、同点にしていても不思議ではなかった。 ベガサポ9月20日、味の素スタジアム。J1ベガルタ仙台は、敵地でFC東京に1-0で敗れている。これで引き分けひとつを挟み5連敗。リーグ戦が折り返したところで17位に沈み、泥沼から抜け出せない。はたして、仙台は這い上がれるのか――。 マリサポ第17節鳥栖ー横浜、前半で3-1リードしたものの、またも後半無得点で終わり、もっと攻撃力のあるチームには勝てないなという不満は残りました。 マリサポ第24節横浜ー清水、先制しながらも3連敗していましたが、追加点が取れて3-0で勝てたのはよかったですが、後半引かれるとゴールをこじ開けあけられないという課題も見えた試合でした。 マリサポ第16節横浜ーC大阪、1点は先制したもののセレッソの堅い守備を破れずに2-1でC大阪に敗れました。 マリサポ第15節名古屋ー横浜、連戦で両チーム疲れがあるんでしょうけど、フラストレイションが貯まる試合でした。結果は、2-1で名古屋が勝ちました。次節は上位のC大阪ですし、痛い連敗です。 アレクサンドレ  ゲデス違う結果にできていた試合でした。PKを外してしまうこともあって、違う結果にできなかったのですが、切り替えて次の試合に集中していかなければいけないと思います。 --今季2点目の先制ゴールについて。 自分が点を決められたことがすごくうれしかったですね。ただし、負けてしまった試合なので、それは残念です。 --前節に続く、センターFWでのプレーについて。 まずはチームに貢献する仕事が第一で、その中でゴールというのは結果なので、それが出せたのは良かった。次は勝てるように頑張ります。 ベガサポアレクサンドレ ゲデス選手によると、 シマオ マテG大阪という素晴らしいチームとの対戦は難しいゲームになると、試合前から思っていました。自分たちが取り組んできたことと結果が、比例しなかったと思います。 --自身のプレーを振り返ると。 今日のプレーで言えることは、(負傷離脱から)ピッチに戻ってきてうれしいということと、出場時間の中で自分がどれだけチームを助けられるかを考えていました。 --今日の結果を受けて。 今日は4失点と受け入れがたい結果になってしまいましたが、やはり大事なのは、次の試合でチームとしてハードワークすることです。 ベガサポシマオ マテ選手によると、 木山 隆之監督良い入りをして、先制もできました。ただし、決して悪かったわけではないけれども、1つ相手の質が上回ったところで同点になって、セットプレーも1つ非常に相手の良さが出て1-2になって、ただしゲームとしては自分たちがまた落ち着いて進められたので、その中で押し込んだときにチャンスを作ってPKも取れて、決して試合としては悪いほうに行く感じではなかったのかなと思います。 ただし、それでも1-2でリードされて後半に入ったので、リスクを少し負いながら同点、逆転を目指していく中で、われわれが取れずに、相手のほうが3点目を取ったところで少し相手にグッと勝機が傾いたのかなと思います。 --後半の立ち上がりから3失点目までの戦い方について。 ハーフタイムに「もう1つ深いところまで切り崩していこう」と言って、柳(貴博)が少しドリブルで抜きにかかったり、その中でチャンスを作ったりしていました。ただし、相手もやはり対応してくるので、違う手を出してワンツーを使ったり、3人目の動きを使ったりというところでやれれば良かったのかなと思います。 --ホームで勝てないことについて。 もう、やり続けるしかないのかなと思っています。 ベガサポ木山 隆之監督によると、 ベガサポ明治安田生命J1リーグ第14節{#FFFF00:仙台}vs{#003E68:G大阪}、前半4分、コーナーキックからアレクサンドレゲデスのヘディングシュートは良かったものの、最終的には1-4の大敗。ホームでは連敗が続いています... マリサポ第14節横浜ー川崎、前半こそは1-1で同点でしたが、後半に2ゴール決められるなど相手ペースのリズムを変えられず3-1で敗れました。 ベガルタ仙台2020年9月5日(土)18:30 Kick Off 明治安田生命J1リーグ 第14節 {#FFFF00:仙台}vs{#001C9E:G大阪} ユアテックスタジアム仙台 ベガサポ赤﨑は23日に行われた明治安田生命J1リーグ第12節のセレッソ大阪戦で負傷していました。 赤崎秀平左足第2中足骨骨折で全治8〜10週間の診断を受けました ベガサポ松下に続き、赤崎秀平選手も負傷してしまいました。 マリサポ9月2日のルヴァンカップ準々決勝札幌ー横浜は、1-1でPK戦の末見事にベスト4まで駒を進めました! ベガサポ[ 木山 隆之監督のコメント ] 「立ち上がりに集中して試合に入ろう」という話をした中でしたけれども、相手の良いプレーで失点をしてしまい、やはりアウェイで立ち上がりに失点してしまうと難しくなるのは当然かなと思います。 ただ、そこでプレーをやめずにしっかり自分たちのペースに持っていく努力は前半にしていたと思います。 何回かゴールを取れるチャンスは作れていたのかなと思うので、それはC大阪戦とは違ったところだったんじゃないかと思います。 --後半に重視したことについて。 相手の守り方をしっかり把握した中で、使えるスペースと使える人をしっかり使っていくことと、それを何回も繰り返すこと。あとはサイドでの攻防をなんとか制したかったので、いろいろな関係をもっと良くしていこうという話をしました。 --兵藤 慎剛選手の評価について。 途中で入って点を取ってくれたので良かったと思います。細かいケガをたくさん繰り返していて、チームとしてトレーニングをたくさん積めているわけではなかったですし、彼自身のコンディションもまだまだ万全とも言いがたかったのですが、しっかりできる努力をして、チームに貢献してくれたと思います。 ベガサポさて、13節、C大阪vs仙台ですが、真瀬のマイナスのクロスをうまく兵藤がハーフボレーで合わせてゴールを決めたのは良かったのですが、結果は、   ''{#69009D:広1}-{#FFFF00:1仙}'' 引き分けに終わりました。 マリサポ第13節神戸ー横浜、4連勝目の前で、連続失点で3-3で引き分けで終わりました。勝たないといけなゲームを5人交代が神戸に分が出た感じの試合でした。 ベガサポGK 27 ヤクブ スウォビィク DF 36 柳 貴博 DF 16 吉野 恭平 DF 13 平岡 康裕 DF 4 蜂須賀 孝治 MF 26 浜崎 拓磨 MF 5 椎橋 慧也 MF 7 関口 訓充 FW 45 真瀬 拓海 FW 14 石原 崇兆 FW 29 アレクサンドレ ゲデス ベガサポ{速報} 現在、明治安田生命J1リーグ 第13節、広島vs仙台のスタメンが発表されました。 肝腎の仙台は、 ベガサポMF松下 佳貴が右ひざ内側側副靭帯損傷で全治8〜10週間の診断を受けたらしいです..... 大丈夫かなぁ....... ベガサポさて、12節、C大阪vs仙台ですが、蜂須賀のヘディングシュートは良かったものの、''{#FF00FF:2}''-''{#FFFF00:1}''で敗北してしまいました。 {11:もう少し守備を固められればなぁ....} ベガサポここに来たい気持ちは山々なのですが、どうか、お察し下さい...... ベガサポ>>23すみません、用事が忙しく、ここに来る日数が近々減っています。本当に申し訳ありませんでした。 マリサポ余計なことかもしれないんですが、負けても勝ってもノーコメントというのはどういうものかと・・・ マリサポ3-1で今シーズン初の快勝で連勝しました。 マリサポ前半終わって1-0でほぼ互角なのにリード、このまま勝ちたいです マリサポチケット余ってても、1万ぐらいして、コロナ怖くて遠出できませんw マリサポなんとか4-3で勝ちました。オンゴールで2ー2になった時はどうなるかと思いましたが。 ベガサポ背景変更。ゲストの方にアウェイ感が凄いと報告があったためです。 ベガサポ[P:3] ベガサポ8月15日、ベガルタvs清水を見に行ったのですが、やっぱり、応援ができないというのは大変好ましくないもので..... 試合はベガルタが有利に進んでたけど、結果は          ''{#FFFF00:仙台}0-0{#FF8000:清水}'' 順位は未だ13位。これから上昇気流に乗ればいいけどなぁ..... ベガサポ[P:2] 11節中止になった[E:20] ベガルタ仙台サポベガサポに改名です マリサポご承知のとおり、1-0で負けちゃいましたw マリサポ前半終わって0-0、昨年の年末の攻撃力はどこにいったのか、研究されてるとは言え、酷過ぎ ベガルタ仙台サポこんにちは ベガルタ仙台サポ>>3確かにそうですね。少しルールを変えるよう検討してみるので、よろしくお願いします。 マリサポこうするんですね、すみません よこのりマリサポですが遊びにきてもいいですか? Jリーグ好きサポ言うとだいたいどこに住んでるかがわかられるので言わなくてもいいですか? Jリーグ好きこんにちはー ベガルタ仙台サポようこそ!